競馬の開催について



































台風が過ぎ
奇跡的にも美浦TCの被害は少なく
無事に13日(日)の調教が終りました


通常通りに
馬場を開場させるため
早朝から馬場を見回ったり
確認作業をしてくださった
職員さんや従事員の人達に感謝


昨夕
かなり雨風が強くなっているのに
厩舎エリアを車で回りながら
トレセン中の排水状況を確認しながら
清掃作業をしている人達を見かけ
本当に有難いと思いました


心配していた断水も無く
昨日バケツに溜めておいた水は
飼い葉桶や水桶などの洗い物に使いまわし


在厩全馬の
飼葉食いも問題無し


馬房で暴れたりして
怪我をしたような跡もなく

とりあえず
ホッとしています





各地から
被害状況のニュースが届く中
予定されている明日14日(月)の
東京競馬の開催がどうなるか



東京競馬場へ向かう道中や
競馬場近辺からも被害の知らせ



はたして
開催が可能なのか


あるいは
各地で被害が酷いのに
開催するなんて道理的にいかがなものか


こういう時に
そういう思いがよぎるし
声も聞かれる





東日本大震災の時も
そうでした


でも
競馬開催の仕組みを考えれば
可能な限り開催するべき



開催をせず
競馬関係者全員で
被災地に出向いて救助に当たろう


ボランティアで
助けに行こう

手伝おう


というのなら有りだが
ほぼほぼ無理な話

いま
行っても
邪魔になるだけだし


管理馬たちの
調教や飼い葉など
使用管理が行き届かなくなる


競馬開催を
止めると判断した間の
飼葉代や人件費はどうするのか




もちろん
被災地のことを思うと
競馬を開催するのは
気が引ける


じゃあ
いつまで中止?


全ての人達の暮らしが
安定するのを待つのか


飼葉を食べさせ
調教だけをして待つのか


ただただ
開催できる雰囲気を
待つだけなんて非現実的



東日本大震災の時
開催の可否について考えたが
個人としては可能な限り
開催すべきという結論に至った



なぜ
開催するべきかというと
競馬ファンの方達が
100円馬券を購入してくれると
10円が第一国庫納付金として納められる



その他
事業運営の結果
追加で第二国庫納付金も納められ
国の一般財源となる



もし
開催ができるのに
休みとした場合


休みとなった
開催分の予算は無駄となり
新たに開催日の予算が必要


こんな災害の中
おそらく馬券を購入してくださるファンの方は
いつもより少ないことなんて
十分に想像できる


しかし
開催をすれば
国庫納付金はゼロではなく
国の財源となるのは確か

あとは
被災地救済に使われるかどうか
政府の判断



馬主さん目線で
考えてみても

所有馬が
出走してくれれば
基本的には全ての馬を対象に
特別出走手当が出る


もちろん
開催が無くなれば
所有馬は飼葉代が
かさんでいくばかり


何となく道義的に心情的に
後ろめたく辛いかもしれないけれど
開催をして少しでもお金の流れを作ることが大事

あとは
収入を得た人たちが
どうやって被災地に還元するか

馬主さん
厩舎関係者
それぞれがそれぞれの立場で
団体でも個人でも自分でできる
支援方法を考えることが大事


実際に
想いのある人は
個人で色々とやっているもの



私たちの仕事は
災害で苦しんでいる人や
困っている人がいる時
何となく後ろめたくなるような
業種なのかもしれません


でも巡り巡って
社会の役に立っている
というところが救いでもあります



競馬関係者だけの話ではなくでなく
全ての人が今できることを考えて
しっかりやれば良い



そう思っています











































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

のべっち
2019年10月13日 11:46
まだまだ風が強く、予断を許さない状況ですが、
厩舎に甚大な被害がなくて、安心しました。

自然の脅威に対して、人間は無力ですが、
その前後、最中に自分の出来ることを真摯にやるだけだと
つくづく感じました。

管理馬たちのケアを今後ともよろしくお願いします。

2019年10月13日 22:57
ありがとうございます。競馬が予定どおり行われていることがどれだけの人の努力の結果なのか、勉強になります。

私はただのファンですが、世界に誇れる日本の競馬が目の前にあることをもっと感謝しないといけないなと思いました。

私は競馬の安全性さえ担保されるなら、競馬が開催されることが、被災地の方々を勇気づけることにもなると思います。
どうか後ろめたいなんて
ふくたけ
2019年10月13日 23:05
すみません、途中で送ってしまいました、、。

どうか、後ろめたいなんて言わないでくださいと書きたかったです。

今回のような、雑誌やメディアになかなか出ない、小島先生だから書けるお話をまたお聴きしたいです。楽しみにしています!
調教師
2019年11月22日 19:23
のべっちさん、ふくたけさん、いつも心温まるコメント有難うございます。これからも競馬全体を温かい目で見守っていただけたら幸いです。