◎11.16~17の競馬
























今週は
当厩舎らしからぬ大量出走


おのずとコメントが
短くなると思われますが
どうかご理解ください



どうも調子が上がらぬ
厩舎の成績


毎週
何らかの期待馬がいるのに
惜しい競馬が続いたり
悔しい敗戦

先週は
不可解な大敗もあり

皆さんには
ご迷惑をお掛けしています




勝てない状態が続くと
何となくピリピリした空気


調教師まで
ピリピリすると
厩舎の雰囲気も悪くなり
馬も人も困ってしまうので
精一杯強がりながら
今週も頑張ります




しばらく
コメントへの返事も滞ってしまい
申し訳ありません


近々
更新します












16日(土)




☆東京2R エルバルーチェ 芝2000m 田辺裕信

前走
新馬戦は7着

マズマズの
結果だと思う一方

もう少し
やれないかな…という期待も
秘かに持っていたから

勝馬から
大きく離されたこと

ゴール前で
人気馬に差されて
着順を下げたことは不満


でも
田辺Jからは
今後変わり身が見込めそう
という良いコメントがあり
母同様の成長力に期待

短期放牧を挟んで
当初は福島競馬が目標


力が付けば
大きな競馬場でも対応できそうだが
まだ鞍上の支えがあったほうが
良さそうな走りであるがゆえの福島


ところが
予定していたレースは
除外対象

想定発表後に
東京出走も対応できるよう
態勢を整えた


ラッキーだったのは
一度は騎乗予定馬がいたはずの田辺Jが
乗れるようになったこと

まだ
著しくと言えるほど
変化した手応えではないが
少なからず前進はありそうで
前進する走りを期待


コツコツ
父母を追いかけます









☆東京4R ヴェンチュラスター 新馬 芝1400m Rムーア

ウチの厩舎で
頑張ってくれた母は
現役の時に4勝

ローズSでは
凄い牝馬たちを相手に3着するなど
当時の厩舎を支えてくれた


ちょっと神経質で
飼葉食いで苦労したし
強いストレスを与えると
高速フナユスリ(熊癖)

全ての
実力を発揮できていたら…
と思わせながら引退した


もちろん母として
どんな産駒を産んでくれるのか
大いなる期待

当時まだ
種牡馬になったばかりの
ロードカナロアを種付けできたことは
いま考えるとこれ以上ない幸運だ


それほど
大きくなかった母の
初仔ということもあって
さすがに小柄な馬体だが
線が細く針金のようだった母と違い
数字は軽いがコロッとしている



入厩当初
乗り手たちの評価は

『後躯が緩い』

でも意外に
尻はプリッとしていて
それなりにしっかりしている感じ

しばらくは
じっくりと
前躯と後躯を繋げる作業


現状を受け止めて
コツコツ単調な作業を
繰り返してきた

時代に逆行し
在厩2ヶ月目にして
やっと出走


まだ心身幼いが
特に悪いことはせず
何もわかっていない無垢な感じ

同じ2歳馬たち同様に
通常の調教を課していくと
何となくカタくなる傾向があるため
緩さを残すよう意識してきた


誰にするか
悩んだ鞍上

デビュー前の調整過程で
誰が合いそうかピンとこず

短期免許で
来日しているRムーア騎手

厩舎にとっても
初ライアン


彼なら
そつなく力を引き出してくれるだろう



まだ
体力が不足しているとの判断で
芝1400mの新馬戦を選択したが
体力が付いてきた今なら
芝1600mで良かったかも


まずは
力試しの新馬戦


騎手良し

枠良し

頭数も手頃


ただただ
楽しみです







☆京都11R アウトライアーズ アンドロメダS(L) 芝2000m ハンデ54Kg 北村友一

張り切って臨んだ
夏の小倉最終戦は
思うような競馬ができず

色々と
考えられる敗因だが
良かったと思っていた
コンディションも疑わしく
間隔を空けて仕切り直し

先週の
福島記念を目標にしていたが
不運にも除外となり
初めての京都競馬参戦だ

同じ失敗を
繰り返さないよう
細心の注意を払って
コンディションをチェック

ストライクゾーンに
なかなか納まらず苦労したが
だいたい間に合った


鞍上は
初騎乗となる北村友J

急な
鞍上探しだったが
特に最近は調子が良さそうだし
ウチの厩舎との相性も良好

正直言って
初騎乗には難しい
アウトライアーズだが
既にレースを見て予習済み


過去に騎乗した
他の騎手たちにも
話は聞いてくれたそうだ


一番大事なのは
思い切り


坂の上からスパート








☆福島6R ニシノゴウウン D1150m 藤井勘一郎

4ヵ月振りの
休み明けなうえに
距離が長いことを
承知の上で出走させた前走

現状は
やっぱり
小回りのスピード馬だ


前走後は
福島競馬D1150mが目標


出走節が
微妙だったので
芝1200mも意識していたが
何とかギリギリ出走が叶った


まだ
背中が疲れやすく
疲労を溜めないよう
注意しながらの調整


前走の感じや
調教の感触から
現時点ではタメが利くタイプではない

最高な
最内枠が当たったし
好スタートを決めて
道中一息入れられれば…


鞍上の藤井Jは
厩舎の管理馬自体も初騎乗


JRA所属の
騎手になるまで
色々と苦労している鞍上の
手綱捌きにも注目です






☆福島9R スパークオブライフ 牝 芝2000m ▲藤田菜七子

前走は
人気を裏切って4着

目標に
されてしまったことと
新潟の長い直線に対応する体力が
まだ不足していたというのが厩舎の分析


初勝利と同じ条件になり
今度こそ期待だ

ところが
前々走後くらいから
時々気になっている
左半身の張り

解消しては
また張っての繰り返しに
出走間際まで気を遣わせられた


だいたい
間に合ったかな…?

枠順は
最内枠となり
この多頭数が
どう作用するか

行くのか
行かないのか

勝負どころで
捌けるのか

他力本願で
申し訳ないと思いながらも

鞍上の手腕と
人馬の運が勝負を左右しそうです









☆福島11R コンダクトレス フルーツラインC 芝2600m ハンデ52Kg 杉原誠人

期待された前走は
ちょっと状態面がイマイチ

それでも
前々走の勝ちっぷりから

『何とか
  対応してくれる』

と判断して出走


甘かった…


再び
間隔を空けて
およそ4ヵ月振り


帰厩当初は
東京競馬が第一目標

しかし
調整過程で
負荷に対して
疲労が抜けきらなかったり


馬主さんの御理解もあり
福島競馬にシフトチェンジ


休み明け
しかも初めてとなる芝2600m

以前から
更に距離を延ばすプランはあったが
何となく体力面の不安があり躊躇

いまも少し
ためらう気持ちがあるが
今回は時間が欲しかったことが一番

いまなら
体力的に距離が持つのでは
という手応えもある


よりによって
出走間近に

左飛節が
何となく張ったり

左前肢が
ちょっと腫れたり

ドキドキするようなことが
続いたため

大事をとって
Wコースの追い切りを
坂路に変更したり

急遽
プール調教を始めたり

軽い打撲のようだが
念には念を


最終追い切りは
Wコースで良い動きを確認できて
追い切り後も問題無し

無事
福島に向けて出発してくれて
ホッとした


鞍上は
引き続き杉原J


よく理解してくれているし
基本お任せだが

心優しい
杉原J


『くれぐれも
   ウチの厩舎のもう一頭に
          気を遣うような競馬をして
                 取りこぼすようなことはないように』


とだけ
釘を刺しておいた


同じ
厩舎でも
レースでは敵

お互い
一戦一戦が勝負です










☆福島11R ジャディード フルーツラインC 芝2600m ハンデ54Kg 木幡初也

7月の
札幌以来

半兄が
6歳になって
ガラッと変わってきているように
基本的には奥手の印象


ちょこちょこ
力を見せてくれてはいるが
基本的にあまりやる気はなし


中間の調整でも
後ろから追いかけたら
後ろのまま

前に行かせれば
それなりに頑張ってくれるが
前回はチークピーシーズ着用で
今回はブリンカー


体力的にも
背腰が疲労すると
なかなか抜けないところがあり
疲労が蓄積しないよう注意

放牧先から
状態が良いと知らせがあり
帰厩して以降ずっとここを目標にしながら
なかなか決め切らなかった鞍上

初騎乗の
木幡初Jにお願いした

最近は
フリーとなって
孤軍奮闘しているが
若手騎手の頃
ウチの厩舎の難しめの馬で
勝利したり好騎乗してくれたり

その印象が
ずっと残っていたので
託してみる

奥手がゆえか
状態的には足踏みの感じも
決して悪い感じではない


内枠を利して
人馬共に頑張れ 







17日(日)



☆東京5R レッドヴァレリー 新馬 芝2000m 田辺裕信

大型馬
ということもあり
通常よりは時間を掛けて
待ちに待った初めての競馬

入厩当初は
頭が高くてモサモサした走り

発走試験は
受かりそうで受からず
もう一息のダッシュが続き

なかなか
前向きな気持ちにならなかったが
3度目の試験で合格してくれた


その後も
まだ喉が弱いのか
ちょこちょこ咳をしたり

前膝に
熱を持ったので
念のためレントゲンを撮って
確認してみたり

骨瘤が
痛くなったり

そんなことを
繰り返してきたが
出走を前に咳をすることもなく
骨瘤も小康状態

慌てず
時間を掛けさせていただいたことで
初出走としては納得の感じ


それでも
まだヴァレリーは
爪を隠していそうな気がする



でも
1週前追い切りに
騎乗してくれた田辺Jは
新馬としては
上々の評価をしてくれて
何だか楽しみ


常歩から
速歩くらいは
まだモタモタした感じ

更に
キャンターから
ギャロップへ

歩度を伸ばす毎に
乗り味が良くなる

こういうタイプは
先々成長が見込めるような
気がするので


まずは新馬戦で
どういう走りをしてくれて
どんな評価をもらえるか

楽しみが広がる
内容を導き出したい


血統的に
気が昂らないよう
注意しながら調整してきたが

本番では
少し燃えてくれるくらいが 
丁度よい












☆東京8R デピュティプライム D1400m Mデムーロ

秋競馬から

2着

2着

3着

前走の3着も
タイム差はなく

もう勝って

ただ
それだけ


連戦で
体調面が気になるが
意外にもまた少し
上昇の気配



最初の2着は
暑さに弱いデピュティのことを考えて
サラサラッと調教してのもの

次の2着も
まだ残暑が気になったので
勝ち急がず坦々と


少し
涼しくなった前走は
ちょっと踏み込んだ調整にしたが
僅差で涙を呑んだ

3戦とも
不良馬場や稍重馬場


良馬場大歓迎の
デピュティにとって
今週は待ちに待った馬場状態


前々走から
3戦続いての騎乗となるMデムーロJ

勝てないと

『ゴメンナサイ…』

いつも
と悲しそうな顔をしているが
今度こそ一緒に喜びたいね  













☆東京12R マルーンエンブレム 芝2000m Mデムーロ

昨年と
同じシュチエーション

鞍上こそ違うが
前の週にある
同条件の牝馬限定戦をパスして
牡馬との混合戦


先週
使えないこともなかったが
調整過程での物足りなさに
もう一週延ばせれば…と
無理を聞いていただいた


1週前
坂路で行った追い切りは

『今週でも
   良かったかな…』


と思わせる
良い動き

ところが
週末のWコースでは
モタつく感じがあり

最終追い切りは
あえてWコースで


馬体のことを考えて
過去の最終追い切りは
全て坂路(なはず)


今回は
馬体重も増えて
安定していたため
思い切って踏み込んだ


Wコースの
直線の動きはグイッと良好


追い切り後の
バランスもいい感じ


さて
初騎乗のミルコさん

半兄も
初騎乗で勝利させてくれて
その次も連勝


妹も
お願いします










☆福島8R ラヴィンジャー 芝2600m ▲藤田菜七子

距離延長の
前々走函館で初勝利

頑張ったご褒美に
そのまま放牧の予定だったが
頭数が少なく手頃なメンバーだった
翌週の同条件に急遽連闘

華奢な馬体ながら
2着に頑張ってくれた

秋の中山で
復帰することも考えていたが
さすがに疲労が長引いて白紙


10月中旬に
美浦へ帰厩した


あまり馬体重が
増えてこず

帰厩して以降も
減っていくばかり


ただ
飼葉食いは良いほうで
ガリガリというよりは
落ちたお尻の筋肉が戻らず


乗った感触は
決して悪くない


実は
前々走の距離延長に
懐疑的だった藤田J


初勝利後直ぐに

『勝ちましたね…』

『おめでとうございます』

と恥ずかしそうに
言ってくれた

今度は
自らが騎乗しての
芝の長距離競馬

初勝利時の
洋芝と違う馬場

休み明けのハンデ

最内枠という難しい条件に
どう対応するか

差し込まれることも
覚悟のうえで
ある程度は積極的に


鞍上の工夫にも
注目です




























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

のべっち
2019年11月17日 17:52

デピュティプライム勝利おめでとうございます!
小島厩舎の勝星の間がちょっと開いてしまいましたが、
流れも変わって、怒濤の追い込みですね(笑)
他の馬たちも、もうちょっとが多かったでしたし、次に期待です。
ラヴィンジャーの大差しんがり負けが気になりますが、大丈夫でしょうか?

話しは変わりますが、先生の厩舎に預託予定のレッドの現1歳の募集馬の
一口を持ちました。
先生の育成方針や考え方に共感しておりますので・・・
入厩はまだまだ先ですが、その節はよろしくお願いいたします。
2019年11月17日 23:37
初めてコメントさせて頂きます。
本日デビュー戦レッドヴァレリー一口持っています。ブライトエンブレム以来2頭目の先生にお世話になります。また、一歳でも先生の厩舎入厩予定の馬に出資しました。
ヴァレリーは正直新馬戦は期待出来ないと思ってましたが、個人的なには思ったより頑張ってくれました‼️
オルフェ産駒はダート変わり距離短縮で一変する仔が結構いますのでご検討お願いいたします(笑)
調教師
2019年11月22日 20:00
のべっちさん、いつもコメント有難うございます。
久々の勝利、やっと勝てましたが、他の馬で残念が多かったですね…。ラヴィンジャーは休み明けの馬体重減なのに長距離を選んだのが間違いでした。ハービンジャー産駒ですし、初勝利を挙げた北海道の洋芝なら長距離もあり。福島なら芝1800m~芝2000mくらいを選択するべきでした。馬体は問題なく、馬体重回復まで放牧予定。次走も応援宜しくお願いします。レッドさんの1歳馬、2頭預託予定ですが、タイプが違う2頭で、どちらも楽しみにしています。2頭選んでいただいたとしたら何よりですが、今度出資馬を教えてくださいね。簡単にコメントさせていただきます。



レッドヴァレリーの会員さん、コメント有難うございます。ブライトエンブレム…もっと走るはずでしたし、走らせたかったですね…。過去の管理馬で間違いなく5本の指に入る馬でした。ヴァレリーは仰る通り頑張ってくれました。現状は前向きさに欠けますし、血統や体型から短い距離はどうかな…?と思いますが、オルフェーブル産駒は夏頃に変化してくる仔も多いように感じているので、参考にさせていただきます。私の好きなタイプということもあり、イメージ通りに変わってくれればと楽しみにしている1頭です。