◎9.13の競馬




























☆中山3R クインズセージ 新馬 D1800m 田辺裕信

7月末に
入厩

育成時
動きは重めだが
走る気が出れば良さそうな感じ

という評価

そんな
申し送りの通り
モタモタしていながら
サッと動ける感触もあり

誰でも
乗れる大人しさ

しかも
飼葉をよく食べるし

入り口としては
何も言うことはなし


早々に
発走試験を合格し


じっくりと
乗り込んできた


500キロを超える
大型牝馬


馬体は
まだ緩く
普段は重い感じの走りだが

速い調教になると
同時期に入厩した2歳馬達相手に
手応えに余裕をもって先着

ただ
いわゆる競馬場
あるあるで

動ける反面
実際は小手先で走っていて
馬体の芯を使って走っておらず

調教は動くのに
いざ競馬では直線でバタバタ

そんな
タイプでもありそう


1週前には
田辺Jが騎乗し
モタモタしながらも併入

緩さを
指摘しながらも

概ね良好な
コメントをしてくれたのだが


出走直前の
最終追い切りは
気分良く走らせ過ぎたか
終いがバタバタ


入厩以降
今まで一度もなかった
DDSPの兆候も出てきて

一時的な苦しさから
熱中症のような症状も…

出走を前に
浮上してきた
ちょっと不安な材料



馬体面や
動きのモタつき感から
D1800mを選択したのだが



実は
近親馬には
短距離で好走する馬が多く


もしかしたら
中距離以下…?

咽喉のために
短距離のほうが良かったかな…?


という
迷いも生じ
馬主さんにも説明

そのうえで
予定通りD1800m出走が決まった


鼻を
フーフー膨らませる
熱中症を思わせる仕草は
日毎に落ち着き

レース前日の
涼しさも手伝って
暑さ負けの症状は解消




まだ
ゆったりした馬体なので

初戦からという
感じではなさそうだが

先ずは
距離適性を見極めたい






今週の
追い切り以降

DDSPの症状が
再発しないようにと施した
舌縛りの効果も確認して

とにかく
次走以降に繋がる競馬を…










☆中山4R ヒューマニズム D1200m ▲秋山稔樹

先週の
新潟競馬未勝利戦から

格上挑戦での連闘



以前は
肢元に不安があり

走法や
馬体のことも考慮して
ダートでデビュー


騎乗してくれた
鞍上達の感触も決して悪くなく
しかし結果が冴えず


未勝利戦
最後のレースとなった前走は
初めての芝


血統的に
短めの距離で
好走している近親馬が多く

そう思って
過去のレースを見返すと

距離の壁で
止まっているようにも
見えてきて

前走は
距離を短くしてマイル戦


意外に
前半からついて行けたこと


それどころか
掛かり気味にさえ見えたことで

もっと思い切って
距離を短くしても良かったか…

と後悔の念



未勝利戦が
終了したことで

あとは
行き先についての連絡待ち

しかし
未勝利馬にも
出走枠が確保できた
昨年秋の中山競馬のことが頭に浮かび

移動先決定の
連絡を待ちながら

今週の
想定を確認


予想通り
出走枠がありそうで

馬主さんにも
状況を説明


諦めが悪い
厩舎のワガママを聞いていただき

ダートでも良いから
短距離レースで走らせてみたい
という願いを叶えていただいた


連闘したかった理由が
もう一つ

先週の出走前
何となく気になっていた状態面だが

出走翌週
火曜日の騎乗確認で
背中の感触やバランスが
想像以上に良くなっていて

もったいないな…

という思いが
厩舎スタッフとも一致


少しでも有利にと
今夏の札幌競馬でブレイクした
3キロの減量恩恵がある秋山Jに依頼した

レース前々日には
坂路調教に跨ってもらい

決して
大敗する馬ではないという
感触に同調してくれた



遅ればせながら
初めての短距離


ダートが

しかも
雨を含んだ馬場が
どうかという未知数はあれど


短距離レースで
思い切った競馬を❣❢















☆中山11R アストラエンブレム 京成杯AH(GⅢ)芝1600m ハンデ57㎏ 横山武史

ん?

アストラのハンデ
57キロ?


というのが
今回のレースのスタート


重賞を
勝っていないのに
ずいぶん背負わされたな…


最初は個人的な感想


しかし
マスコミの人達からも
今回のハンデは???

という
話が度々あり


他にも

『ハンデ
  どう思っています?』


という意見は
まあまあ聞かれ


数字を見ての
感覚だけでなく

ちゃんと
確認しようと
ひと通り調べてみたが



まず

定量は
3歳馬は55キロ
(牝馬は53キロ)

4歳以上馬は57キロ
(牝馬は55キロ)








重賞未勝利である
アストラの基準斤量は57キロで

ハンデは
マイナス0キロ


そのままの
57キロで出走となる








16頭の
出走馬のうち
重賞で勝利経験がある馬は4頭



その4頭全てが
G1でも入着したことがあり

しかし
今回の斤量は

定量から
マイナス1キロ

マイナス1キロ

マイナス0キロ

マイナス1キロ








前走
同じ関屋記念で
アストラに先着したのは4頭

それぞれ定量から
マイナス0キロ

マイナス3キロ

マイナス1キロ

マイナス2キロ


しかも
アストラは
前走関屋記念9着なのに
負担重量が前走から1キロ増





一方で
アストラに
先着した馬のうち
負担重量が増えたのは1頭

据え置きが1頭

先着しながら
前走より減った馬が2頭










その他

前走と前々走
2走続けて重賞に出走し
いずれも入着した馬は3頭

それぞれ定量から
マイナス1キロ

マイナス2キロ

マイナス3キロ





ほとんどが
減ってばかりなのに
増やされてしまったアストラエンブレム


アストラのハンデが
重いのではない


他の馬達のハンデが
軽くなっているという結論で


やっぱり不思議





こういうことを書くと

『あまり
  目立つことは
     しないほうが…』

とか


『睨まれるから…』



という
ご意見を
少なからず頂戴するものだが



解らないことは
ちゃんと聞くべきだし
睨まれるなんてあるはずもない


いまさら
ハンデを変えてくれとか


無理な
話をするわけではなく


勉強の
意味もあって

ハンデキャップを
決めた経緯を説明していただいた


ここから先は
非公開



重賞勝ちって
あまり重くないの?

とか


もちろん
納得はしていないが
あとはアストラと共に頑張るのみ









前走は
まだ酷暑の真っただ中


少なからず
暑さを考慮した
仕上げをするしかなく

残念な
結果ではあったが
参考外でやむなし








少しは
暑さが緩んできた今回

何とか
アストラに初重賞制覇の
チャンスを広げるべく

いつも以上に
ピリッとした気持ちで
始まったはずが


初っ端からハンデで
きついジャブ



複雑な
気分の1週間も


日曜日の
夕方に


『ハンデキャッパーの判断が
         正しかったです』


頭を下げるため
頑張るしかなくなった










酷暑を考慮し
無理をしなかったとはいえ


新潟から
美浦に帰厩した
アストラの表情は疲労感たっぷり



しかし
飼葉食いは安定し

馬体重は
増えないものの

見た目はフックラして
落ち着きもあり


課題である
肢元の状態が
落ち着いていたことが一番で


久し振りに
間隔を詰めて
中山での出走させることが決まった


京成杯AH出走が
決まったのは良いのだが


しばらく
疲労感残る
表情が続いたこと


調教再開後
やけに落ち着いていて


いや
落ち着いているというより
腑抜けのように気がない感じで


ちょっと心配




このところ
無観客でのレースが続き


レースで
発汗することが少なくなり

それは
それで良い結果に
繋がっている感じもあるが


あまり
無観客が続くと
緊張感が無くなってきて
ボケてきてしまっているのではないか






これまでのように
敏感過ぎれば苦悩し


ひとたび
大人しくなれば不安に思い…

よくある
厩舎の自分勝手な思いです






なかなか
鞍上が定まらない近走

今回も
初騎乗となる横山武J


アストラが
最近になく落ち着いていて


馬体面にも
不安がないことから
最終追い切りに騎乗してもらい


終いだけ
しっかりと追ってもらうことにした



追い切り終了後
第一声が


『ぜんぜん
   掛からないんですね』

『思っていたより
     乗り易い』


お褒めの言葉

立ったり
跳んだり
跳ねたりしていたのは

もう
何年も前


いまだに
スイッチが入ると

なかなか
トリッキーな動きをするが


7歳になれば
もうさすがに大人だ






アストラにとっては
恒例の雨予報


枠は
微妙だが



追い切り後に
鞍上が話していた
ポジティブなイメージが頼もしい



若くて
勢いある鞍上に任せ
良い結果を待ちましょう























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

に&よ
2020年09月13日 03:53
京成杯AH、アストラの善戦期待しています!

確かにハンデが想像以上に課せられたなぁ、と思いましたが、跳ね返して頑張って欲しいです!

いつもコメントありがとうございます!
調教師
2020年11月06日 17:56
に&よさん


コメントいただきながら
2ヶ月も返事せず失礼いたしました。

アストラエンブレム残念でしたが、気持ちを切り替えて前を向いて頑張ります。そろそろ帰厩予定なので、また応援してください。