◎10.25の競馬





























☆京都9R ルックスマート 鳴滝特別 芝2200m 戸崎圭太


およそ
5ヶ月振りの出走


ここ数戦
安定した走りを
見せてくれた一方で


勝たせようという
人間側の力みが

ルックスマートに
過度な負担となっているような感じ

ちょっと
心身を安定させる時間が
必要そうだと判断し


夏競馬は
休養となった


9月の中旬に帰厩し
至って順調

もともと
力はあるが
まだ緩い後躯と

時々
強く働き過ぎる
気持ちのコントロールが
以前からの課題


戻ってきてからは
いままでになく落ち着いていて

馬房の中でも
余計なバタバタ感が無くなった


調教では
少し気負いかけた
時期こそあったものの

丁寧に
調教するうちに

乗り手の指示を
落ち着いて受け止められるように変化



今回は
京都への遠征を決め
鞍上をお願いしたのは戸崎J

1週前の
追い切りに跨り

粘り強さが個性の
ルックのリズムを掴んでもらった


厩舎の手応えは
休み明けなりの状態かな…
という感じで

しかも
なかなか骨っぽいメンバー構成


初めてとなる
関西本場開催への直前輸送など

クリアすべき課題は
多々あるが

もう5歳の秋


一つ一つ
課題を乗り越えて
そろそろ3勝目を掴み取ろう









☆新潟10R ラヴィンジャー 岩船特別 芝2200m 吉田隼人  



5戦連続で
入着


馬券圏内は
4戦も続いていて


その間に
距離の変化にも柔軟に対応

前走は
坂のある競馬場で

あとちょっと
という競馬


この夏の
充実が著しく


ここまできたら
早く勝たせて

ちょっと
楽をさせてあげたい


前走
坂のあるコースで
終いの脚を生かせた走りから

更に踏み込んで

東京競馬に
チャレンジすることも考えたが

新潟に
芝2200mの適鞍


輸送と
馬体重減という課題はあるが

平坦コースの
優位性を求めて新潟を選んだ


早々に
鞍上確保を始めたが

各陣営が
早くから動いていたのか


声を
掛けられているが
不確定という返答が多く


上位騎手の誰かしらが
空く可能性があったので

急いで決めずに待機

最終的には

吉田隼Jが
騎乗してくれることになって
待った甲斐があった

誰が乗っても

『乗りやすい』

『注文は何もない』

と言ってもらえる
行儀良いタイプなので
全てお任せで大丈夫だろう




通常より早く
新潟へ移動して

馬体重減を
最小限にとどめる工夫が

イメージ通りの

嬉しい結果を
導き出せますように

移動後も
良さそうな雰囲気だという
担当者の報告が実を結ぶことを願う



残された不安は
土曜に降った大雨の影響



少しくらい
馬場が緩いのには

戦歴を見る限り
対応できるはずだが

いまの新潟は

緩いだけでなく
ボコボコ


土曜日に
騎乗していた騎手たちの話では

どこも
それなりに悪くなっていて

非力な
ラヴィンジャーにとっては
大きな課題となってくる



走る場所の
選択が難しそうなだけに
鞍上にお任せ


今年
厩舎最後となる新潟競馬


締め括りが
良い結果となりますように


















































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント