◎12.20の競馬



























☆中京2R スズカノロッソ D1900m 野中悠太郎

前走は
およそ10カ月振り

肢元の
不安があったので

じっくりと
調整に時間を掛けて
出走まで漕ぎつけたものの

大事をとって
坂路がメインの調整


平地調教が足りず
仕上げが甘くなった





それでも
初めてのダート戦にしては
見どころもあり

前半は
楽に追走


砂を被っても
嫌がらなかったようで

鞍上からも
ダートが合わない
という感じではないというコメント


息切れして
止まっただけと判断し
中1週で再度中京ダート戦へ





レース翌週から
再々チェックしているが

肢元の状態は
安定





久々の
レースを終えて

パッツンパッツンに
張った感じの馬体面も

担当者が
ケアに努めて
心配は無さそう

休養明け2走目で
息がどれだけ持ってくれるか


大きく
前進してくれることを
期待しています













☆中京9R スティルネス 芝1200m ☆亀田温心

6月に
一度帰厩し

出走へ向けて
調教を進めたが

チクチクしていた
右前肢の骨瘤が進行

まだ4歳

慌てて
出走を急ぐ時期ではなく

大事をとって
放牧することになった



再度帰厩したのは
10月後半


骨瘤は
ほとんど気にならず
ほぼ良くなっていたが


調教を進めながら
稀にチクッとする時があり

しばらくは
気が抜けない状態が続いた




燃えやすい心は

帰厩当初は
比較的落ち着いていたものの


速い調教を
課しながら

徐々に
前面に出始める
血統的な気の強さ




気分良く
追い切れた時は良いのだが

気分を損ねた
追い切りになってしまった後は
しばらくはその影響が尾を引いて



普段の調教から
制御し辛くなってしまい

やっぱり
調整が難しい





中京1週目の
芝1400mで復帰

もし勝てずとも
間違いなく権利が
取れるであろうから

権利を持って
中1週で中京芝1200mへ

というのが
当初のプラン





しかし
中京開催が始まる前くらいが

ちょうど
走りのリズムを崩した頃

コントロール
し辛くなっていたため


冒険は避けて
芝1200mまで出走を延期した




出走が
2週延びたぶん


落ち着いて
走れることも増え


リズム良い時は
平地調教まで踏み込めて


骨瘤も
チクチクしていない







久々なぶん
後躯の甘さが一息だが


入厩当初より
後躯を使えるようになったからこそ

調教が
強くなってからも

前肢の骨瘤が
気にならず進められている







とにかく
心配の種は折合い


調教でも
苦労するのだから

競馬は
どうなることやら


力で抑え込むと
よけいに怒るので


初騎乗となる亀田Jには
少しでも柔らかく控えられるよう

慎重に…



そーっと
そーっと


上手く
お願いします






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント