☆2021.3.20の競馬


























☆中山2R スカイシーカー D1800m 石川裕紀人

昨年末
12月の中山芝2000mでデビュー

可もなく
不可もなくといったレースで
滞りなく終了



寂しいのだろうか
不安なのだろうか

終始
嘶いていて


無観客の
静寂としたレース

スカイシーカーの
鳴き声が

ゲート内
駐立時だけでなく

走っている最中までも
聞こえてきた



何もわからず
戸惑いっぱなしのレース


『まだ子供だし
   一度レースを経験して
        次は変わるのでは?』

というのが

レース後の
鞍上からのコメント


少し時間は
掛かるかもしれないが

経験を積めば
変わるタイプというのが
みんなの一致意見






間隔を空けて
2月後半に帰厩

帰厩当初は
放牧帰りらしい
緩い走りだったが


徐々に
まとまりある走りに変化






日本では
スカイシーカーと

もう一頭だけしかいない
父Free Eagleの産駒

Free Eagleの父
High Chaparralの産駒は

JRAにおいては
ほとんどが芝で勝利


一方
Free Eagle産駒は
もう一頭がダートで好走

一度は
ダートを試してみたく

2戦目となる今回は
ダートで適性を確認してみる




まだ
バッチリという走りではないが

初戦よりは
まとまった走りに変化の兆し



相変わらず
他馬につられて嘶いてみたり

子供っぽさは
残るが

徐々に
我慢も利いてきて
集中力は現在も強化中


レースでは
チークピーシーズの助けを借りて
更に集中できることを期待しよう





鞍上は
小倉開催で同じ馬主さんの馬を
重賞勝ちさせた石川J



調教で
跨ることはなかったが

ピーピーと
嘶く以外

目立つ癖もないので
心配はなし






良馬場でやれそうな
土曜日のレース


時計が
掛かる馬場になれば

スカイシーカーには
味方となるはずだ












☆中山5R カルタゴ 芝1600m 田中勝春


3月の最初に
およそ2ヶ月振りの競馬


大外枠なので
ゲートは最後入れ


待たされないぶん
きっとスタートは速く出てくれるだろう

と期待したのに
微妙に立ち遅れ


前残り傾向の馬場なのに
後ろからの競馬か…

と思っていたら

少し掛かり気味に
馬群の外を上昇

そのまま入線して
とりあえずは初の入着






鞍上からは

スタートで
踏ん張れないのは

後躯の
緩さが要因


上がって行ったのは
ペースが遅くなりそうなので
あえて位置を取りに行った

という説明


掛かり気味に見えたのは
行かれそうになったのではなく

位置を
取りに行った際
大外枠で前に壁がなく

カルタゴのスイッチが
強く入りそうになっただけ



直前の追い切りに
跨ってもらっていたことが功を奏し

状態の
良さを知っていたうえで


位置を
取りに行っても
控えられるはずと

事前に理解していたことが
無駄にはならなかった






『まだ緩いから難しいけど
     良くなる時は一気に力を付けそうだな…』

というのが
レース後の評価





初めての
入着で

せっかく得た
優先出走権




権利があるうちに
出走させたくなるが

まだまだ
先が楽しみな一頭



あくまで
飼葉食いなど

状態を
確認しながら
という考えでいたが


なんと中1週で
再度中山芝1600mへ





以前は
乗り難しさもあったカルタゴが
比較的落ち着きがあり

調教再開後も順調


飼葉食いも安定していて
馬体重も直ぐに回復


追い切りと
想定メンバーを確認して

今週の
出走を模索







最終追い切りは
少し速過ぎたかなとも感じられる時計

でも
これはいつもより

馬場の
内めを走ったためで

通常
ウチの厩舎が
走っている位置よりも
かなり走行距離は短いという事実


とは
いっても

無理をせず
流した感じの追い切りという指示

馬場の
内めを走行とはいえ
軽々出せる時計ではない




追い切り後の
息も良く


飼葉食いも
テンションも安定


追い切った後で
更に馬体重も増えてきた




想定メンバーは
前走より粒ぞろいだったが

出走を
来週に延ばした際の
大きな利点も見出せず

あえて
今週の出走へ





まだ
馬体面の緩さが気になるので

目一杯の
強気にはなれないが

ボタンの
掛け方ひとつで
チャンスは広がる手応え


前走で
巧く導いてくれた
田中勝Jの機転にも注目です















☆中山11R グローリアスサルム フラワーC(GⅢ) 芝1800m 吉田 豊


4着ではあったが
大いに評価できる前走の内容


いくつかある課題を
長い目で解決させるべく

まだ馬体面や
精神面を最優先に

あえて
型にはめようと強制せず

それほど
強く調教を行って(行えて)いないこと

などを考えれば
十分な評価に値する





スタート後
もう少し前の位置を

取りに行くことも
考えていた前走


結局は
無理をせず
課題最優先の位置取り




コーナーで
外に行きだした時

前の馬が
外に持ち出し始め

絡む形になったのが
痛かったようで


長い直線で
少しモタついたように見えた手応えも

前が詰まって
追えなかっただけ


鞍上も

『もう少し
  早く追い出せていれば
        際どかったはずなんですけど…』


と力量を再確認





これまで
戦ってきたメンバー

過去3戦
全ての内容を見る限り

今後は
できる限り

春の大舞台を
意識したレースを選択し


馬主さんに
楽しんでいただくべきと決断


直ぐに
フラワーC挑戦を決めた





状態は
良い意味で平行線


何度も
繰り返すが

詰め込み過ぎると
良くないタイプなので


調教メニューは
いつもと変わらず





前走前
あまり速い時計が出ておらず


直ぐに
本当は調子が悪かったのでは?

という
話をしたがる人達がいて

その度に
辟易とさせられるのだが


初勝利の際も

同程度の
速くない追い切り時計で完勝





追い切り当日の
馬場状態


走ったのが
馬場の内めか外めかによる
距離の差異


前走との間隔や
馬の気持ちなども考慮して

出た数字は
あくまでも参考



調教で
速い時計が出た馬が

そのまま
良い競馬ができるのであれば

レースをする
必要はなし



速い時計が出ても
楽しく走っていなかったり


無理やり
走らされていたり


どこか
辛いところがあったり


騎乗者の重量が
いつもより軽かったり







強い調教が
必要なのは否定しないが

調教で必ずしも
優秀な時計を出す必要はない



本番で
頑張れる状態にできるかどうか

個々の
馬のチャンネルに
いかに合わせられるかが調教







といっても…

今回のサルム


いつも通りの
無理強いしない調教で
これまでより優秀な時計

走った馬場の
内外の位置取りを考慮しても
状態は上がっていそうで


意図して
状態を上げずとも

自然な成長が
感じられる






鞍上は
引き続き吉田豊J


小難しさを
多々抱えるサルムなのに

一度もレースで
難しい面が表面化してこないのは

間違いなく鞍上のお陰


追い切りも
できるだけ跨ってもらい

更に
コミュニケーションアップを期待



実は3戦して
まだ牝馬には負けておらず

さて
今回はどうなるか


色々と
思案が必要な中

オーナーには全て
任せていただいていることに感謝


願わくば
好結果で恩返しを

























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

のべっち
2021年03月20日 19:56
通算300勝おめでとうございます!!
これからも、先生の信念に沿った運営といいますか、
馬の育て方で、一歩一歩、突き進んでください。
いつも、応援してます!
2021年03月20日 20:25
10年以上ブログを読み続けて、初めてコメントいたします。

先生、いつも応援しております!
通算勝利300勝おめでとうございます!!
先生の競走馬への思いを、大変感じおります。
これからも、先生の信念が伝わる競走馬を育てて下さい!!

そして、先生・スタッフの方々もお怪我の無いよう、お祈りいたします。
きりぞー
2021年03月20日 22:24
小島先生、通算300勝達成おめでとうございます。

ブログにおけるカルタゴ号の出走に向けての考察、誠にお見事です。
各出走馬に対する愛情がこもったコメントを、
これからも毎週楽しみにしております。

コロナ騒動が収まりましたら、ぜひ競馬場で応援したいです。
先生、スタッフの皆様、そして所属馬たちの健康と健闘を祈念いたします。
J
2021年04月03日 11:29
遅ればせながら300勝おめでとうございます!
勝つ大変さは理解しつつも、これからも勝ち星を重ね続けて400、500勝のお祝いができることを願ってます。