☆2021.1.23の競馬






















今週も無事に
競馬が開催できることに感謝



各地の
ニュースを見て
心配だけが募るが

もう
我々の近くにも
忍び寄っているのは確か


とにかく毎日が
辛抱の日々


皆さんも
苦慮されていると思いますが

どうか
ご自愛のうえ
乗り切ってください














☆中山5R ウィスク 芝1600m 吉田 豊


10月
東京競馬の
デビュー戦は

苦手と
思われた道悪で

最後まで
頑張ってくれた



前進を
期待した前走は
同じ東京芝1600mで

果敢に先行したものの
直線では失速




同じように
前に行き

踏ん張った
馬もいるのだから
現時点では力不足なのかな…?



鞍上からも

『あえて
   先行してみたけど
        前に行くなら
           もう少し短い距離がいいかな』



『芝1600mなら
   じっくりと乗ったほうが  
          良い結果が出るかも』


というコメント


『状態的には悪くないし
     もう少し体力が付けば…』

ということも
付け加えてくれた




出走節を考えて
次は中山芝1600mを予定


ところが
予想以上に混雑していた
正月の中山開催


除外が多く
在厩馬の入れ替えが
思うようにいかなかったこともあって
短期放牧からの帰厩が遅れた




当初は
先週の牝馬限定戦を
目標にしたかったが

調整時間的に
間に合わなそうだったため

今週
中山4週目か
東京前半に目標を切り替え




先週の追い切りで
今週なら整いそうなことを確認し

結局
先週の牝馬は
除外対象だったというオチもあり



あとは
今週の出走で
ちゃんと整えられるかどうか



デビューから
2戦続けて乗ってくれた鞍上が
騎乗不可だったため


今回は
吉田豊Jに依頼

前走を受けて

前半はフワッとした
乗り方になるであろうことを考えると
ドンピシャな感じがする


最終追い切りにも
騎乗してもらい

まだ非力な部分こそ
指摘されたが

『乗り易いし
   これから力を付けて
       良くなりそうな気がします』


と好感触




追い切り後に
全身の張りが強くなったので
あとは担当者が熱心にケア

レース前日には
ほぼ張りが解消してきた


不利といわれる
大外枠


雨による
馬場状態も気になるが

初めて走る
中山適性に注目です











☆中山8R アシェットデセール D1800m 武藤 雅

およそ
10カ月振りのレース


前半は
追走一杯ながら

後半に
キラリ光るものを
見せてくれたのが初戦



2戦目で一変し
会心の勝利を挙げ


これは
楽しみと思っていたが

まだ
肢元が安定せず
一旦入厩しながら再放牧




放牧先でも
苦労の連続だったようで
美浦TCに帰厩したのは12月後半


やっと帰厩まで
整えてもらったものを
ちゃんと出走まで進められるか


責任を感じながら
緊張感ある毎日





当然
坂路中心の
調整から始まり

状態を確認しながら
徐々に平地調教を織り交ぜ


もちろん
速い調教の後は
当たり前に前肢に張りが出て

でも冷脚と
物療のケアで

痛みが出る
レベルまでは進行せず

何とか
小康状態で安定



1週前の週末には

帰厩後に初めて
平地で速めのスピードを
課すところまで進めることができた



その後も
肢元が安定していたため

最終追い切りも

一歩踏み込み
ウッドチップコースで




肢元に
無駄な負担が掛からないよう
追い切りは軽量の鞍上がBest


レースの
鞍上をお願いした武藤Jが

追い切りにも
騎乗してくれることになった



『前向きさには
    欠けますね…』


というのが
初めて騎乗した感想だが

それは
以前から同じこと


力を
秘めていることは
感じ取ってくれたので


だからこそ
どうやってレース前半を
乗り切るかが重要



ある程度
意見合わせをしたうえで
あとは鞍上に任せる




まだ
休み明けなりの
状態であることは否定できないが


デビュー戦
みたいなことはないはず


肢元さえ
維持できれば
これからの走りが楽しみな一頭


現状で
どんなパフォーマンスを引き出せるか
ドキドキする復帰戦です









☆中山12R ラヴィンジャー 芝2200m 戸崎圭太


前走は5着

平地の新潟で
乗れてる鞍上が乗ってくれて


今度こそはと
楽しみにしていたのだが

不得手の道悪に

輸送による
馬体重の減少


開催後半で
馬場が悪すぎて

ラヴィンジャーにも
鞍上にも

可哀想な
条件となり不完全燃焼




馬体回復を求めて
しばらく休養となった



こうなったら
思い切って間隔を空けて…と

暖かくなる時期まで
帰厩を待つ考えもあったが



昨年末に

良い雰囲気なので
中山競馬最終週目標で
帰厩させてみませんか?


という連絡


たまたま
馬房の都合も付いたので

急遽
美浦に帰厩

ほぼほぼ順調に
調教を進めることができた


帰厩当初は
遠慮がちだった飼葉食いも

色々と工夫しながら
徐々に安定



出走前には
食欲旺盛となり

こうなると
与えただけ食べるのが

ラヴィンジャーの
良い時のイメージ


調教量も
今までより少し踏み込んで



今回はもちろん
得意の夏の北海道開催が楽しみ




戸崎Jとは
2走前に同じ条件で
相性の良さを確認済み


土曜最終週は
雨予報だが

あまり渋らず
程良い馬場になりますように











☆小倉8R アスタウンデッド 芝1200m 西村淳也


このところ
渋い競馬が続いているが

まだまだ
悲観することはなく
現時点では着実に良化中


前走後は
芝1200m目標で

そうなると
選択肢は小倉競馬のみ


気性面で
かなり良化が見られるとはいえ

前走も
レース前は
一頭だけ汗を掻き


大人しくは
しているのだが

暴れたいのを
辛抱しているのがわかる



そんな
内面を考慮して
通常よりトレセン帰厩は早め



調教も
他の馬よりは
併走を減らして単走を多め


ちょっと
食い足りないようなイメージで

しかし
要所要所で
ピリッとさせるように意識



先ずは
経由地の栗東TCに移動して


現地でも
落ち着いているとの連絡があり




通常よりも
長めの開催となる今年の小倉は

状態を
確認しながら抑え気味に

徐々に徐々に
上げて行くイメージ



それでも
初めての栗東坂路コースで

及第点の
追い切りができた





鞍上は西村J

時に
前向きさが
必要なアスタウンには


前向きな
鞍上が合うはずで

出馬確定後に
そんなイメージを伝えておいた



早々に
雨予報の
小倉競馬場


過去の
戦績から

馬場の悪化も
きっと味方してくれるはずだ




































































"☆2021.1.23の競馬" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント