☆2021.1.24の競馬























☆中山6R オブザーバー 新馬 芝2000m 吉田豊

初めて
お付き合いをさせていただく馬主さんが

昨年の
1歳馬のセリで購入

セリの
盛り上がりが凄く

なかなか
思うように
購入できない状況の中


少し
小柄に感じた
オブザーバーだが

半兄たちは大型馬が多く

姉たちも
大きくはないものの
サイズ的にはマズマズ


この牝馬なら
何とかできるはずと

手を
上げていただいた





育成が
始まった頃は

『背中は良いですし
    飼葉食いも大丈夫です』

というコメント

良かった
良かったと
安心していたのだが


馬体が
イメージほど大きくならず

待っても待っても
トレセンへ移動という
声が掛からない

成長を
促す目的で
少し楽をさせるなど

色々と
工夫もしてもらっていたが

あまり
変化は無かったようで

このままだと
年越しの入厩では…?

と覚悟した頃

そろそろ…
と声が掛かった





背中は良いのだが
速い調教になると物足りなさが残る


というのが
入厩前の情報

強い調教をやると
飼葉食いも細くなるということで



悩みながら
進めることになりそうな
イメージを持っていたが


意外にも
飼葉食いは安定

確かに
発走試験合格後や

強い調教の後は
食いが細くなりがちだが

食欲の回復は早く
長く引きずるほど酷くない



牧場出発時
入厩前が400キロそこそこ

美浦TC到着後が
輸送で減って395キロ


その後
一度は402キロまで回復し
出走直前の計測では395キロなのだから

よく
頑張ってくれている


気性は素直で
イライラしたり
無駄な動きをするようなことはなし


ただ
入厩当初
気になったのは

ハミ受けが軽く
ちょっとデリケートな口向き



調教が進むにつれ

当初
見せなかった
さく癖を見せたり

それなりに
ストレスを感じている兆候はあるが

どちらかと言えば
辛抱強いタイプ




発走試験は早々に合格

口当たりが
難しいタイプではあるが

2度の練習で
コツを掴んだ厩舎スタッフが
上手く乗ってくれたことでクリア


ソフトな
口当たりが
重要になりそうなので

鞍上は
吉田豊J



こういう
口の難しい馬の時は

特に
力になってくれるジョッキーで

先週
今週と

2度
追い切りに騎乗



口当たりの
難しさ

まだ
パワー不足な部分を理解のうえ


どんな騎乗で
導いてくれるのか



力のいる馬場での
デビュー戦は

華奢なオブザーバーには
酷な条件となるが

力を出し切って

頑張れ❢❢














☆中山11R ベストアプローチ AJCC(GⅡ) 芝2200m 江田照男

ウチの厩舎に
転入後

今回のレースが
4戦目


不安のあった
肢元に留意しながら

少しずつ
攻めを強化




前走は
まだ少し平地調教を控えた中
見どころある内容で


江田照Jからも

『勝馬は強かったけど
      手応え的に
        2着はありそうだった』


と前進が
見込めるコメント



やはり
広い競馬場が合いそうで

少し
長めの距離が
良いはずというアドバイス

さすがに
3000mを超えるとキツいかな…?

ということで
前走後はこのレースが目標


引き続き
肢元は安定していて


過去の
症状を知らなければ
全くわからないくらいのレベル


こうなると
前回以上に
攻めて行けるかが課題




帰厩当初は
いつも通り坂路が中心


少しずつ
平地の調教を増やしながら

1週前追い切りは
江田照Jに騎乗してもらい

ウッドチップコースで
やや強め


まだ
モタモタした感じで

出走週の
最終追い切りも
ウッドチップでやりたいな…

という考えは
鞍上と一致

肢元と
相談しながら


1週前の週末は
坂路で

全体的に
行き切るシンドイ内容





この頃から
グッと動きが良くなり


明らかに
後躯の動きがひと皮むけて

いい感じに
変化してきた






引き続き
肢元が安定していたので

最終追い切りは
江田照J騎乗でウッドチップコース


追った後で

『具合い
  良くなってきたな~』

と好感触を
得てくれた江田照J


しかし


『週末雨予報だけど
     大丈夫かな…?』


という問いかけに

『ん~
  ダメかも…』


と困った返事


『それを走らせるのが
      騎手のウデ』



この時は
冗談話で終わったが



道悪が
得意とまでは
言えないものの

馬場の悪化も
ソコソコこなせるような予感



道悪の

得手
不得手は

鞍上の
印象が外れることを期待


少しずつ
攻め強化が進み



状態的には
転入以降一番


人気薄で不気味な
江田照Jを背に

強い
メンバーはもちろん

道悪馬場も相手に
頑張れ❢❢















☆中山12R ルフィアンキック 芝1600m 吉田豊

今年の
明け2歳から
お付き合いさせていただくことになった
新しい馬主さん


北海道競馬で走っていた
ルフィアンキックが


昨年の北海道競馬
開催の最後に勝ち上がり


中央で
力試しをしてみたい


ということで
転入の話をいただいた

直ぐに
入厩させることはできず

近くの牧場で
待機してもらうことを
ご理解いただいたうえで
管理馬となることが決定


12月末に
厩舎にやってきた




前の厩舎で
大切に育てていただいたからだろう

少し
チャカチャカすることはあっても
基本的に大人しい


乗り始めて
気になったのは

ハミの取り方が
個性的な事


通常
ハミを受けるのは
口内の臼歯の前あたり


ところが
ルフィアンは
口内がデリケートなのか

上顎への
刺激が気になる様子

ハミ受けが
安定するよう

いくつか
ハミの種類を試して

出走直前
やっといい感じの
ハミが見つかった




鞍上は
こういうハミ受けの馬でも

フワッと乗れる
吉田豊J


1週前の
追い切りに騎乗してもらい

先ずは
ハミ受けを確認


その後
1週間で
更にハミ受けが改善し

調教通りなら
心配無用だ






中央競馬
一発目はマイル戦から


まだ
ペースや芝の適性など
慣れなければいけないことも多く


今後の
行き先を探る一戦


初っ端が
道悪になってしまうのは
ちょっと可哀想だが

そんなものは
北海道競馬で揉まれてきた
根っこの強さでカバーしよう












☆中京6R キフジンノドレス 新馬 芝1600m 田辺裕信

母を
管理させていただき

半兄たちも何頭か
管理させていただいてきたが

娘は初めて






個性が強く
手が掛かった半兄たちと違って

キフジンノドレスは
どちらかと言えば大人しい


ん…?

という
怪しさを見せることはあっても
我慢できる辛抱強さを持ち合わせ

何よりも
牝馬なのに
馬格があることが頼もしい




時々
カッとすると
ハミ受けが不安定に
なりそうな感じもあり

いくつかの
ハミを試して

調教においては
改善


先々週の
中山芝1600mを除外となり

先週の
中山芝1600mも除外


今週は
中京競馬にしか
芝1600mが組まれていなかったので

除外後直ぐに
小倉競馬出走予定の馬と共に
栗東TCに移動


もう
調教は足りているので

厩舎の馬と一緒に
まず栗東へ移動



前日輸送の
美浦→中京ではなく


栗東で
微調整のうえ

直前の
輸送距離も短い

栗東→中京
当日輸送を選択した




初めてとなる
栗東では

勝手知ったる
厩舎の先輩達に誘導され

落ち着いて
調教を消化との報告


2度の除外も

予定していた鞍上は
全て田辺J


3度目の正直
となった今回


たまたま田辺Jが
中京へ遠征していたので
乗ってもらえることになった



関西の
評判馬たちを相手に

どんな
走りを見せてくれるか

楽しみな
新馬戦です












☆小倉12R ジャディード 海の中道特別 芝2600m 吉田隼人

年が明けて6歳

個人的には
オクテ傾向の血統だと
思っているので

そろそろ
もうひと皮むけてくることを
期待しているのだが

近走の
結果を見る限り
まだ思うように変わらず



ブリンカー装着で
中距離にチャレンジした前走は

暮れの中山の
ボコボコした馬場に

脚を取られて
走り辛かったようだ


でも
距離を短くして
先行できたし

もう少し
頑張ってみようと
馬場の良さそうな小倉へ


経由地となる
栗東TCは

もう何度も行っているので
勝手知ったる場所


ソワソワする
後輩たちを引き連れて

良い誘導馬として
頑張ってくれているとの報告


環境が
変わってか

たまたまの
タイミングか

後輩が増えて
気が変わったのか



調教の感じも
いつになく前向きなようで

状態も
安定との報告が入り

第一目標は
小倉4週目のハンデ戦




でも
メンバーを確認しながら
実績がある長距離戦も視野に入れ

小倉だけでなく
中京競馬の番組も候補




昨年5着に入った
このレースも

念のため
登録しておいた




今週の
追い切りも
前向きさがあり


出走に
踏み切っても
問題無しという栗東からの連絡



最終的には
現場の判断に任せ

小倉競馬長距離戦で
出走が決まった



開幕2週目で
渋り気味の馬場であろうことを考えると

前走
少し前に行けたことは
有利に働くであろう予感

特に難しさや
癖はないが

心強い
鞍上が確保できたので

久々の
入着以上を望みたい































"☆2021.1.24の競馬" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント