⭐︎2021.2.7の競馬



























⭐︎小倉2R キフジンノドレス 芝1800m  西村淳也

先々週の
中京競馬でデビュー


中山の
新馬戦に投票するも

2週続けて
除外となり

やむなく
中京芝1600mで
デビューを迎えたのだが

先々のことや
輸送のリスクを考え

一度
栗東TCへ移動し
中京へは当日輸送




たまたま
小倉競馬出走予定で
栗東TCに滞在する同僚馬がいて

一緒に
輸送できたことが

今回の
小倉競馬転戦など

後々まで
幸いするとは思いもよらず…




栗東TCで
移動後の調整もうまくいき

直前に
発馬練習も消化

しかし
実戦では
かなりゴネて

他の
出走馬達に
迷惑を掛ける行儀の悪さ





それでも
2着と

改めて母の
繁殖としての優秀さを確認し

一方で
この血統の
小難しい部分まで再認識




美浦で
じっくり時間を掛けるしかないな…


と2着に
安堵しつつ
頭を悩ませていたら

現地で
臨場してくれていた
厩舎スタッフから

小倉に
牝馬限定芝1800mがあります

と意外な提案



レース後に
鞍上と話をして

『やってみる
    価値はある』

という
コメントもあったようで

今後のことを考えると


中京出走→栗東TC→美浦TC

東京競馬に向けて
備えるより


中京出走→栗東TC→小倉競馬場で

小倉滞在を選択

現地競馬
という案のほうが

ゲート絡みでも
精神的安定が期待できそう



しかも最近は
関東本場の芝未勝利戦が
なかなか出走困難


一度
着を外すと
しばらくは出走できず

小倉滞在で
勝負を賭けるのがBetter




幸運なことに

一度
栗東TCに
入厩していたため

中京競馬場から
栗東TCに戻り

状態を確認したうえで
小倉競馬場に移動できたこと



しかも
移動までの間に

栗東TCで
時間を掛けて
ゲート練習を行えたことから



小倉競馬場
移動後も

ゲート練習は
かなりスムーズ



調教で
スイッチが入ると

時折
危うさは垣間見せるが

ゲートに関しては
誰も引っ張らず

手綱が
ブラブラな状態で
自ら入っていける精神状態




やるべきことは
消化できての2戦目




本来
血統的には
芝1200m適性のような気がするが

その議論は
2戦目終了まで封印



前走の
鞍上からも
現時点では芝1800mで
凌いだほうが良いのでは?

という
意見があり

その
雰囲気から
乗ってみる判断をした





初騎乗の西村淳Jには
そんな諸々を伝え

栗東TCで行った
ゲート練習に

一度だけ
騎乗してもらった





今回の
結果次第で

やっぱり
距離を短縮するのか


このまま滞在
することになるか

美浦TCに
帰厩させるのか


装鞍から
パドックは大丈夫か?


返し馬から
ゲートは?




全てに
成長してくれた

2戦目と
なることを願っています






































"⭐︎2021.2.7の競馬" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント