☆2021.2.20の競馬




















最近は

美浦TC

栗東TC

小倉競馬場
を行ったり来たり


時期的に
やむを得ないとはいえ

この時期にしては
異例の移動続き



有要
有急とはいえ


万が一のことが
あってはと


ウイルスに
効果があるという

次亜塩素酸を
携帯するなど様々な対策


まだまだ
しばらくは気が抜けません








持続化給付金について
少しだけ



普段通りに
生活ができず
困っている人が

世の中に
たくさんいて


生活に
困窮している人も多くいて

そんなニュースを
目にしたり


困っている人を
サポートしている
心暖かい人の話を耳にしたり






私たちは
一度も休まず

開催を
継続できていることに
感謝してきたはず




国庫納付金
という仕組みのおかげもあって

毎週無事に
開催できていることが

困っている
人たちに

見えない部分で
役に立っているんだからと

関係者が
一つになり

感染者を
最小限に抑えられるよう
協力してきたはず



それなのに…



個人の
意見を言わせてもらえれば


たとえ
指南があっても


『とてもではないが
    私は受けられません…だよな』



というのが
噂話を耳にした頃
家族とした会話







関係者の中にも


初期のころ
感染の疑いがあると

検査結果が出るまで
大事をとって

出走を
止めた厩舎があり
(その後陰性)



その他
実際に陽性者が出た厩舎の話が2件


そうなると

予定通り
出走できなかったり


馬主さんのことを
考えて

やむを得ず
転厩させたケースも
あると聞いているので


少なからず
影響を受けた者がいるのは
否定できないが


それにしても…


である


もちろん
ウチの厩舎は

早いうちから
気を付けるよう話をしていたし


もしもの時は

『こんな話があるんですが…』


と調教師に一言
相談があるはずで



知る限り
私の周辺で

実際に
関連話を聞くことはなく


そんなに多く
関わった者がいるの?

というのが
現時点での正直な感想



しかし
たとえ少人数であれ
もし事実であれば

同じサークルの中で
起きてしまった間違い



気分を
害した方たちには
心からお詫びを申し上げ


一日も早く
真相が究明されることと

誰もが納得する
最良の解決を願っています










☆東京9R グローリアスサルム フリージア賞 芝2000m 吉田 豊

前走は
なかなか
鮮やかな競馬で初勝利


気性面やハミ受けに
小難しさがあるタイプなので

2戦目で
勝てたことは
かなり大きな意味があり

吉田豊Jとの
2度目のコンビが
より効果的だったのは間違いない



『これ以上
   カッカしないでほしいですね…』


というのが
レース後の鞍上の感想



少し
間隔を空け

東京の最後か
中山の前半という

ボカした予定で
短期放牧から帰厩



調整をしながら
気持ちを最優先に

レース選択を
したかったこともあったが


今回は
できれば左回りの
直線が長い東京競馬で
走らせてみたいというのが本音





口向きについては
いくつかのハミを試し

いい感じのものを
チョイス

追い切りに
跨ってくれた吉田豊Jも
改善を確認



間隔を
空けた効果か
気持ちの昂りも軽減し


少し
捩り気味だった
クセのある走法も

徐々に徐々に
軸が整ってきた印象





昇級初戦で
ほとんどが牡馬というメンバー

チャレンジの
立場は否定できないが



今後の
可能性を探る
楽しみな一戦です


















☆小倉6R キフジンノドレス 芝1800m ▲小林凌大

小倉に
滞在したまま
中1週での出走


前々走
新馬戦の時の
スタートを見ても

ゲートは
速いほうで

少しくらい
遅れて出ても
二の脚が速いタイプ




しかし
前走はモッサリで


スタート後の
走りもモタモタ


ゲート対策で
装着したメンコが影響して


反応が
悪かった可能性





前走
一番の課題としていた
ゲート入りに関しては

練習の
効果もあって

ほぼ完ぺき





向こう正面は
手応え良く外に位置



直線入り口では
楽勝かと思っていたのに



ゴール前は
明らかにノメった走り



前日の土曜日
馬場を歩いた時は

ボコボコ感は
あっても

乾燥して
締まった馬場



ところが日曜

レース前
返し馬後に
歩いた馬場は

少し湿って
掘れた馬場へと変化




これが
小倉の馬場の特殊性


滞在している
騎手たちに確認しても


土曜のほうが
走りやすかったと

同様の感想



キフジンも
馬場の影響を受けたようだ


先週の
小倉競馬で
連闘することも検討したが


少なからず
馬体に疲労感があり


大事をとって
中1週




今週
水曜日の小倉は雪予報



小倉競馬場滞在組にとっては
工夫が必要な馬場状態




前走
入着させてくれた鞍上は

人気者なので
先約あり




さて
誰に依頼するかと
思案してみたが


発馬の
難しさを考えると

小倉競馬場に
滞在していて

調教や
ゲート練習に
跨れる騎手がBetter





状態を
確認しながら
出否を考えたいので


中1週で
出走できるかも確約できず


キャンセルの場合も
受け入れてくれそうな鞍上


できれば
減量の恩恵も欲しい


などなどの条件を
その時点で空いている
騎手の中からチェック



以前
ウチの厩舎の
人気薄の馬に乗って

見どころある
レースをしてくれた
小林凌Jにお願いすることになった





最終追い切りは
もちろん

発馬の
入りと駐立練習に
跨ってくれた小林凌J




もちろん
好感触を得てくれて

あとは今回
メンコを外すという判断が

良いほうに
出てくれることを願うばかり





好スタートで

逃げか
番手が理想


最後は凌いで
初勝利へ


















☆小倉11R ジャディード 皿倉山特別 芝2600m ハンデ52kg 富田 暁

状態は
悪くないのだが
ワンパンチ足りず


手応えのわりに
ジリっぽくてモタモタ


前走を見ても
前々走を見ても

やっぱり
前々の位置で
競馬するのが理想



前走の鞍上とも
意見交換をし

今回は
最初から逃げ

もちろん
ブリンカーを装着して…

ということだけは

出馬投票前に
確定





前走後は
一度

栗東TCへ
移動し

ケアを施しながら
微調整


チェックしても
どこが悪いというわけではなく

とにかく
工夫してみて
それが上手くいくかどうか





前走に
騎乗してくれた鞍上は
先約があり



今回は
ウチの厩舎初騎乗?

なはずの富田J



単身
海外に出て研鑽し



帰国後
直ぐには結果を出せず
もどかしく見えていたが

最近は少しずつ
結果が出てきているようで

先々も
注目の鞍上だ


何よりも
応援している人が
たくさんいて


『暁をお願いします』


と何人に
何度言われたことか




これは
騎手にとって
大きな武器である



52キロ
というハンデなので


軽量でも
乗れる鞍上の中から

逃げる
というオーダー付きで
お願いしてみた



9頭立ての
大外枠


ゲートは
最後入れ(なはず)で


少なくとも
逃げることは可能だろう



あとは
暁&ブリンカーに
お任せです




"☆2021.2.20の競馬" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント