小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆5.24〜25の競馬

<<   作成日時 : 2008/05/23 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 23




 今週は注目のオークスだけではなく、たくさんの馬が出走予定。
桜花賞の週もたくさん出走させていたが、全て無残にも撃沈。

前回の分も巻き返すつもりで今週こそは皆に頑張ってもらいましょう。
スタッフも土曜、日曜と総動員に近い状態で、馬だけではなく人も頑張ってくれている。


オークスについて
『本命だよ頑張って・・・』『応援しているよ』と色んな方から励ましを頂いた。

桜花賞が色々考えて『これでどうだ!』だったのに対し、今回はやる事をやってこれた。
テーブルに出されたものはほとんど食べて、あとは本番を待つという状態に出来たぶん・・・『嬉しい』という感じかな?

信じて応援していただいた方たちに、印を付けていただいた方たちに、馬券を買って期待している方たちに報いる走りを期待している。





もちろんオークスだけではなく皆頑張れよ!





24日(土)




◎東京8R マチカネフクノカミ D2100m 吉田 豊

 久々のダート競馬。
過去の戦績は2着と9着で敗因はハッキリしている。

同じダートで出走していたウチの厩舎の3頭の仲間が全て勝ち上がり。
能力的には遜色ないというか、上位といってもいい力はあるのでもちろんチャンスは十分と判断。

調整過程も問題無く現状維持というよりは、ややアップと見ている。
最近は長距離にこだわって使ってきたが、今回は少し距離を短縮して流れが向く事に期待。

勝ち上がれば直ぐそこに迫ってきた夏競馬では降級の恩恵があるだけに厩舎としても力が入る。





◎東京10R アルファオリオン 伊勢佐木特別 D2100m 田中勝春

 前走は強い勝ち方。
『上でも十分通用します』という鞍上のコメントまでもらったので昇級初戦とはいえ楽しみな一戦だ。

調整は坂路で併走。
騎乗した田中勝Jは追い切り後に馬を止めるなり一言『いやー良くなっているなーこの馬』

そう言われるとますます楽しみ。
入厩以来注意している肩の硬さもいい感じで、前走並みかそれ以上?

昇級初戦でも本当に通用するところを見せて欲しい。




◎東京10R サンアスレチック 伊勢佐木特別 D2100m 津村明秀

 前走はレコード勝ち。
今回もその時の状態は維持できている感じだ。

ただ、前々走前から気になりだした左肩の張りを悪化させない為に現状維持を心掛けて追い切りは単走に。
その分の馬体重の変化に注意しているが、当日の馬体重が大きく変化していない事を願いたい。

伸び伸びと走らせることが好走の第一条件だが逃げにはこだわらない。
でも、伸び伸び走らせるためにも前半は結構飛ばす予定だから同型に迷惑掛けたらゴメンなさい。

鞍上は今まで同じレースを何度か走ってアスレチックの怖さを十分知っているはずの津村J。
追い切りに騎乗して『肩の張りは気になりません。乗った感触から伸ばして走らせればリラックスできるのも分かった気がします』と話してくれた。

長い直線の府中でも自分のリズムで走れれば、前走レコードがダテではない事を見せられるだろう。



◎東京12R モンテチェリー D1400m 柴田大知

 除外ラッシュの1000万下を権利無しで投票。
出走できる事になっても大丈夫なように調整はしてきたが、まさかの一発投票で確定。

鞍上を探すのも大変な状況だったが、万が一出走できたら・・・という時のために普段調教を手伝ってくれている柴田大Jを確保できていたのは運が良かったと思う。

前走は前に壁を作れずに苦労したので何とか上手く行く事を期待。
スタートが良いのでどうしても前に押し出されがちだが、柴田大Jもその点は特に注意してくれる事になっている。

追い切りは坂路で単走。
本当はもう少し控え気味の予定で考えていたのだが、何よりも気分を害さない事が第一条件で調整しているので止むを得ない。

追い切り時計は速くなっても、前走のようなオーバーワーク気味でないだけに、条件が合えば好結果は期待できる。







◎新潟6R シャルロットノアル 牝 D1800m ☆的場勇人

 待ちに待った復帰。
昨春はクラシック出走を目標にしていた期待馬だ。

新馬戦は今ひとつの自信でありながら鮮やかな勝利。
『やっぱり凄いや・・・』との思いで春の大レースを目指したが、途中から気になりだした歩様に十分な改善が見られず長い休養に入ってしまった。

血統的なものと、まずは桜花賞目標ということもあって中距離のレースを使っていたが、当時から『距離が延びたほうが良いのでは?』という思いもあったので今回は楽しみ。

ただ、帰厩当初のポリトラックコースでの調教後に肘に炎症が出たため、坂路とWコースのみに変更。
坂路調教が一番合うのか坂路中心なら肘の状態も良好だ。

肘への負担も考えて、悪天候時は馬場の悪いWコースを避けて坂路中心の調整になった分、やや余裕がある馬体に見える。

もちろん追い切り本数は十分こなし、動きも満足。
休養明け、初ダート、初距離と不安要素が無いわけではないが、背中の良さはウチの厩舎でも群を抜いている。

新馬戦でもそうだった様に『これで大丈夫かな・・・?』という気持ちを一掃してくれる走りができると期待。
それだけ楽しみな馬なので、『やっぱり強い』と思わせるレースを期待している。



◎新潟8R リンダムーン 芝1000m ☆的場勇人

 前走より良化。
前走は『変わってこないな・・・』という不安の中で出走させ走りも精彩を欠いた。

昨夏の初勝利時も急激に馬体重が増えて毛艶が冴えて良くなったので、暖かくなって良くなってくるタイプなのかもしれない。

先週、先々週と追い切りの動きにもしぶとさが出てきた。
毛艶はもう一息、馬体の回復も完調手前ではあるが、休養明けで初勝利をあげた舞台だけに前走のようなことは無いだろう。





◎新潟11R クィーンスプマンテ 赤倉特別 芝2000m 中舘英二

 2勝目をあげた舞台の新潟。
鞍上もスプマンテを気分良く走らせてくれそうな中舘Jを確保。

追い切りは既に2戦走って息が出来ているから、坂路で単走。
輸送もあるし終い重点をイメージしていたが少し速くなってしまった。

騎乗していた調教助手は遅いつもりだったようでビックリしていたし、無理をして出した時計ではないのでスプマンテ自身もケロッとしていたが、スリムなタイプだけに追い切り後はちょっと心配だった。

幸い後肢に軽い疲れが出た以外、飼い葉食いも落ちずに一安心。
その後肢の疲れもしっかりと取って、万全で出走できそうだ。

状態を聞いてきた中舘Jに少し速くなってしまった追い切りを伝えると『楽に時計が出るんだからそれだけ調子がいいんだよ』と良い意味に捉えてくれている。

位置はどこでも良いタイプだが『気分良くリラックス』が条件だけに、あとは鞍上お任せします。






25日(日)






◎東京4R ドナーリオ D1600m 大庭和弥

 もうワンパンチという感じなだけにレース選択に一捻りも考えたが再度D1600m。
メンバーと時計を照らし合わせて一番勝負になりそうなところを選んだつもり。

引き続き状態の維持を第一に調整。
前捌きが硬くなっているので、追い切りは力ませないように単走。

少なくとも前走の状態は維持できている感じなので、ドナーリオのもうひと踏ん張りに期待だ。
鞍上は大庭Jは最近は人気で依頼が多く、出走を検討していた他のレースでは既に騎乗馬がいた。

『今回は鞍上変更かな?』と思っていたが結局は選択したレースだけ空いていて『今度は頼むぞ』。
初勝利手前にいるのは間違いないし、あとひと踏ん張りを発揮してくれよと期待している。





◎東京11R ブラックエンブレム 優駿牝馬(オークス)芝2400m 松岡正海

 『今回は、やり過ぎではないかと言うくらい調教をバリバリやっている』と、あちこちで言われ始めている。
もちろん調教をバリバリやれているのは好材料。

今週火曜日には暴風に怒ってムキになってしまい坂路で予定外の時計を掲示してしまったが、相変わらずケロッとしていて一安心。

何より最近は飼葉食いが良く、状態を確認しながらではあるが『これだけ出来ればいいけど・・・』と思っていた上限に近いくらい負荷をかけることができた。

今週からは調教助手に任せる予定でいたのだが、先週位には解消すると思っていた硬さがどうしても取れないので悔いの無いようにと、調教師自身が引き続き調教に跨った。

桜花賞後も調整は順調。
きんせんか賞、フラワーCと気になっていたピリピリした雰囲気がここへ来ておさまり、オークスでこそと思っていた頃の感じになってきた。

追い切りをしながらも落ち着きを失わずにいる姿に『本当に元に戻ったのかな?元気無いだけなのかな?』と不安も過ぎったが、馬房内での過ごし方を見ていると、きんせんか賞からフラワーCの間で見せた仕草も見せていて、元々のブラックエンブレムだ。

心配していた硬さも、追い切り翌日の運動だけの軽い調整を経た金曜日の騎乗調教で、ほとんど解消してきた事を確認。あわせてグッと来る良い雰囲気も出てきた。

『これで安心してGTに出走させられる』正直ホッとした気分だが残りあと2日。
今の雰囲気を維持したい。

中間話した松岡J曰く『今回は8番枠希望』
一つ内の7番枠になったが周りを見ても良い位置だ。

雨も距離も大丈夫と思っているが終わって見なければ分からない。
出来れば『皆が力を出し切れた』と言えるような馬場でやりたいが、どんなコンディションでも勝った馬が一番強い。

コンディションが良さそうな馬達が揃っているが、ブラック自身もこれだけやって胸を張って出走できるのは、ある意味初めて。トライアルに出走したメンバーなどに過去に負かした馬も多く、その物差しからも負けてはいないはず。

桜花賞の惨敗からかオークス有力馬にしてもらえなかったようで、雑誌の写真撮影も無し。
でも、唯一写真撮影があった桜花賞で負けているのだから、ゲンが良いと取りましょう。

さて、未知数の距離となるが直線でこちらが思ったように弾けるのか・・・。
ブラックの頑張りのお陰から、バッチリやれたとの自負があるだけに、今度こそは強い姿を見せてくれるだろうと日曜日が待ち遠しい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シャルロットノアルが復帰戦だが
 代休を取ったので、久々にスポーツクラブでじっくり泳いだ。平日の昼間は客層が違うので妙に違和感が…。 リンク: ☆5.24〜25の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ).ただ、帰厩当初のポリトラックコースでの調教後に肘に炎症が出たため、坂路とWコースのみに変更。坂路調教が一番合うのか坂路中心なら肘の状態も良好だ。肘への負担も考えて、悪天候時は馬場の悪いWコースを避けて坂路中心の調整になった分、やや ...続きを見る
明日は明日の風が吹く
2008/05/24 09:22
美浦に行ってきました ブラックエンブレム
その後、競馬ブックをチェックしても誌上パドック写真が無かったので、今日、美浦トレセンにブラックエンブレムを見に行ってきました。きんせんか賞、フラワーCの前にも美浦トレセンを訪れていたので験担ぎということもあります。 ...続きを見る
日本中央競馬会 個人馬主のブログ
2008/05/24 09:34
【オークス】桜花賞凡走から巻き返せる条件とは?
ウオッカ、ダイワスカーレット、そしてベッラレイア。世代を牽引する強い牝馬が次々と現れ、豊作の印象が強かった昨年の3歳世代とは対照的に、今年は牝馬クラシック第2弾の時季を迎えても、いまだに主役候補が不在。依然として、混戦ムードの解消される気配が見えない。桜花賞は、3連単700万円の超・高額配当が飛び出す大波乱。上位人に支持されていたトライアル上位組が揃って凡走する一方で、単勝2桁人気の伏兵が3頭も掲 ...続きを見る
そのまま、そのままっ!!
2008/05/25 02:56
後味一息も オークス回顧
勝った15 トールポピーだが、結果的に「思い切って戦法を変えれば激変も」というこ ...続きを見る
雲國齊の無謀
2008/05/26 07:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
小島先生、こんばんは。
何度か取材でお世話になっている者です。
桜花賞の調整については批判もあったようですが、制約の多い調教師の立場で、ここまで管理馬の情報をオープンにされている方は、本当に数少ないと思います。
桜花賞の調整が正しかったかどうかは、誰にもわからないと思いますが、いま小島厩舎には、きっちりと調教ができて、いい雰囲気を漂わせるブラックエンブレム号が、いる。
「春は間に合わないかもしれない」と思っていた馬が、フラワーカップに勝ち、桜花賞に駒を進め、そして大舞台オークスを迎えて、いい状態で仕上がっている。
私個人は、それをもってして、小島先生の信念と行動は正しかったのではないか、と考えております。

オークスはブラックエンブレム号で「勝負」します。
馬の能力と仕上がり具合もさることながら、小島先生と厩舎スタッフに「賭ける価値がある」と考えるからです。
この判断はもちろん自己責任。勝っても負けても悔いのない馬券。自分なりの金額で単を購入するつもりです。

小島先生も、やれることはすべてやられたと思います。なので、最後の一言は、こちらで。
グッドラック!
saheiji
2008/05/24 03:20
先生 こんにちは

明日のオークスは自宅からの観戦予定ですが引き続きブラックエンブレムを応援したいと思っています。

今回は距離に加えてこれからの天候悪化などもこの時期の牝馬にとっては大変だとは思いますが良い走りをしてくれることを願っています。

こーき
2008/05/24 05:17
全部初めてコメします。

最近ブログの存在を知り(失礼;)
過去の書き込みからダーっと読ませていただきました!
自分は素人ですが。
いや素人だからこそ知らないことが多かったんですが
なんか競馬のことをこのブログを見ることで、身近に感じれました!

そしてファンになりましたよ!(´〜`;)
ブラックエンブレム!!!
期待してます★★★
松岡Jのクラシック制覇は今週です!
ではまた!失礼します。
サカイ
2008/05/24 06:13
小島さん、こんにちは。
実は今北欧に住んでいるのですが、やはり日本の競馬の魅力は忘れられず
IpatとNetを駆使して、やっと先週の土日から、こちらから馬券が買えるようになりました!わーい。

そしてオークス。
こちらに来て、今まで見れてなかったトライアルや未勝利の
ビデオを見て色々検討した結果、ブラックエンブレムを大本命にします。
頑張ってください!!
というか、出遅れなくスムーズに行けば、まずは負けない気がします。

ちなみに、、、
先週からはじめた競馬。メイン重賞しか買ってませんが、私が単勝買った
スーパーホーネットと、エイジアンウィングは両方とも勝ちました!!
次はブラックエンブレムの番ですよ!!
応援してます。

北欧の地より。
すみたか
2008/05/24 08:03
おはようございます^^
いよいよ、オークスですね♪
楽しみの多い週末になりそうです。
他にも勝ち負けできそうな子がいますね。
頑張って応援します!!
はるぱぱ
2008/05/24 08:29
クィーンスプマンテ非常に残念でした。前走後のコメントに次は逃げるとのことだったので、とても期待していたのですが・・2勝目を挙げてから、ずっと同じパターンで負けている気がします。客観的に見ても、スプマンテは先行ではなく逃げ馬だと思うのですが。今日は1番人気だったから大事に乗ったのでしょうか?

明日のオークス、スプマンテの分までエンブレム頑張ってください
クイーン
2008/05/24 16:29
現場の声を聞くことができるため、大変貴重なブログだと思います。
今回ブラックは切らせていただきましたが、記事にある「硬さがどうしても取れない」という記述は少し気になります。
是非、戦後この点を含めたコメントをいただければ幸いです。
では、出走各馬のご健闘をお祈りします。
雲國齊
2008/05/25 07:31
いつも興味深く読ませていただいてます。
昨日はスプの惨敗で痛飲してしまいました。
パドックでもとても調子良さそうに見えたんですが、
騎手の判断で逃げなかったんでしょうか?
また、回顧にて詳細お待ちしています。

ブラックエンブレムがんばれ!
ぴょん
2008/05/25 10:07
おはようございます。
いよいよ今日は、ブラックエンブレムのオークスですね。
桜花賞が残念な結果だっただけに、期待&応援しています^^

あと仕事でレースは見られませんでしたが、
シャルル(シャルロットノアル)の復帰、嬉しかったです。
この夏最大の上がり馬になってくれると楽しみにしています(*・_・*)
しいね
2008/05/25 11:05
ブラック大健闘でしたね。今後に繋がるレースぶり。次走が楽しみです。しっかりと絞れてましたし、先生は内心勝つ積もりだったかもしれませんが?
タラレバですが、稍重ではなく良馬場だったらゴール前で、もっと伸びていたのではなどと都合の良い想像をしてしまいますが、そこらへんはどうなのでしょうか?
ともあれ、先生そして厩舎スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
ブラック,プロヴィ,オリオンたちの次走や2才のデビュー楽しみにしております。
ZAN
2008/05/25 17:26
何時も楽しみに拝見させて頂いております。
今日のブラックエンブレムのオークスはホントに良いレースでした。
秋に繋がるレースだったと思います。
これからも厩舎スタッフの皆さんお体にはお気をつけて良い結果を出してください!
応援しています!!!
ひろ
2008/05/25 21:47
お疲れ様でした!!
スタートして前へ前へと出た時は、フラワーCを思い出しました。
2番手まであがってましたが、これは作戦ですか?それともまた…(^^;
ホースプレビューで帰ってくるのを見てました。次々と馬が戻ってく中で、ブラックだけは先生を中心にみんなで“よく頑張った!!”って本当に嬉しそうに彼女の顔を撫でられてて、彼女もすごく女の仔の顔になってて、心から愛されてるなって伝わってきて涙が出そうになりました。
素敵な競馬を見せてくれてありがとうございました。
mihotch
2008/05/25 23:04
体重がだいぶ減っていたので心配しましたが、テレビの解説者さんたちが「見事に仕上げてきた身体!」と絶賛していました。
ご無事の完走が嬉しいし、エンブレムさん本当に力の限り頑張ってくれました。おめでとうございます。秋になってさらに成長した姿を必ず見ることができると期待しております。
たらふく
2008/05/26 11:35
ブラックエンブレム見せ場たっぷりの4着、桜花賞からの見事な立て直し、オークス、それぞれの厩舎の思いが垣間見れたレース。復活、口にするのは簡単。でも馬が無事なら次がある。またそういう風に思わせるレースでした。オークス万馬券取りました。このプログのおかげです。
常に感謝と謙虚な気持ちと笑いを
2008/05/26 16:19
父と同じ緑色のシャドーロールをして勇敢にゴールを駆け抜けましたね^^すごく応援しました。惜しかったけれど立派な4着、けなげに頑張りました。
ウォーエンブレムも喜んでいることでしよう。どうか無事で、益々の飛躍が出来ますように心から祈っております。厩舎スタッフのみなさま、手に汗握るすばらしいレース、エンブレムをみせてくれて有り難うごさいました。お疲れさまでした。

グランマ
2008/05/26 21:23
ブラックエンブレムのオークス
積極的なレース振りで見せ場たっぷりでしたね!
スピードで押切るタイプなので
秋華賞の舞台が合うんじゃないでしょうか?
秋が楽しみです。。。
 
スプちゃんはもまれ弱さがでちゃいましたか、
エンブレムとの一週前追い切りの映像の迫力から
男馬相手でも期待していただけに久々惨敗で残念でした。
出来ればクラスが下がる前に勝ってほしいし
勝つチカラがある!と思ってますが、
こうして順調に出走出来てるのは
うれしいしありがたいです。
毎回楽しみにしてますので
今後とも宜しくお願いします。
センポケ
2008/05/26 23:12
2番手で競馬して、4コーナーを回っても手応えがあるように見えたし、事実伸びていたと思います。
ひょっとしてひょっとしたら・・・と思ったら最後差されちゃいましたけど、いい夢見させていただきました。
ブラックエンブレムの複勝が本線馬券でした。あと少し、だったんですけどね(笑)。
こうやって、調整過程がつぶさにわかるようにブログにアップしていただけると、競馬がもっと楽しくなります。これからも大変だと思いますが、更新期待しております。
ウイニングラン
2008/05/27 00:45
こんにちわ。はじめてコメいたします。
このように丁寧な調教師の方のブログは驚きです。これから応援させていただきますね。
ドナーリオ惜しかったですね。直線、前が詰まったので無理やり外回したら、その前の2頭のワンツーだなんて・・大庭騎手もくやしかったことでしょう。(私もドナーリオ軸だったので悔しかったです)
でも次は勝てそうですね。次も軸にさせてもらいます。
先生もがんばってくださいませ。
グレイスン
2008/05/27 13:39
saheijiさん、こーきさん、サカイさん、すみたかさん、はるぱぱさん、クイーンさん、雲國齊さん、ぴょんさん、しいねさん、ZANさん、ひろさん、mihotchさん、たらふくさん、常に感謝と謙虚な気持ちと笑いをさん、グランマさん、センポケさん、ウイニングランさん、グレイスンさん、皆さんコメント有難うございます。
皆さんに応援していただいたお陰でブラックエンブレム始め、管理馬達が頑張ってくれました。ちょっと不完全燃焼の仔もいましたし、手放しで喜べる成績ではありませんでしたが、何とか頑張ってアップしますのでお待ち下さい。
調教師
2008/05/31 19:16

雲國齊さんが疑問に思われた『硬さ』についてだけ、ここで先にコメントします。
競走馬には硬さは付き物です。『硬さ』といっても色々なものがあり説明するには労力を要しますので簡単に。
まず@最初は緩かった馬がしっかりしていい意味で硬くなってくる場合、A短距離馬の筋肉の特性からくる硬さ(俗に言うゴツゴツ)。この2つが一般的な硬さです。
今回のブラックはこのどちらでもなくいわゆる筋肉の張り。
筋肉は負荷を掛けて、再生することで強くなりますが、その過程で張りが出ることは多々あります。一般的にはマッサージや電気治療などで解消させますが、調教を課す事で改善する場合もあります。全身を上手に動かす事で血流が良くなったり、その運動自身がマッサージ効果になる場合もあるからでしょう。今回はマッサージや治療を行いながら強い調教を課す事で解消する硬さだと思って進めていましたが、それがイメージよりも時間が掛かり、なかなか解消しなかったのが不安材料でした。だから最後まで強い調教を課すことで解消を図り、その通り本番には良い状態で出走させることができました。
調教師
2008/05/31 19:17
以前私が調教していた馬で3連勝してクラシックで人気になり上位入線した馬は、入厩当初はゴツゴツ。調教を行う過程で徐々に柔らかさを増して本当に良い馬になってくれました。
人間もいきなり柔軟体操で柔らかさを見せられませんよね。
徐々に練習をして最後はベターっと地面に付くくらい柔らかくなるのと同じなのではないかと思っています。
可能な限り情報を開示してと思っていますが『硬さ』は多かれ少なかれあることですし、かえって不安をあおったようならこれから気をつけなければいけないと反省しています。
調教師
2008/05/31 19:18
小島先生。気がつくのが遅れてレスが遅くなり申し訳ありません。
ブラックの硬さについては、現場で見ていた人にも確認してもらったのですが、「最高の仕上がり」ということでしたし、本当にスタッフの方々が一生懸命仕上げたという賜物だったのでしょう。ただ、GTレースにおいては、本当に僅かの差で雌雄を決するということになる訳で、いい意味での「アラ探し」が必要です。そういう意味で、貴重な情報を開示してくださりありがとうございました。
雲國齊
2008/07/26 20:17
雲國齊さんコメント有難うございます。
私も常々厩舎スタッフには『アラ探し』を心掛けるよう伝えてあります。
なかなか完全な状態で出走させることはどのレースでも難しいもの。細部まで『アラ探し』をしたうえで、どれだけ良い状態にできるか。
そんな厩舎作りを目指しています。
調教師
2008/08/02 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆5.24〜25の競馬 小島茂之厩舎の本音(公式ブログ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる