◎9.29の競馬




















ラグビー日本代表
VSアイルランド戦の勝利
おめでとうございました


凄い


興奮しました


自然災害が続く
最近の日本


久々の
嬉しいニュースです




☆中山8R ハイチーズ D1800m 松岡正海

今夏は
函館と札幌で3戦

前走は
久しぶりの芝

勢いをつけたかった
大事なところで不利があり
持ち味を引き出せず

決して
芝適性が無いわけではないが
持ち味を引き出しやすいのはダート


ということで
今度は久し振りとなる
中山D1800m

水曜日に
想定が発表となった段階で
土曜日のD2400mが手薄


このところ
主戦としてお願いしている
松岡Jが乗れない可能性こそあったが
頭数やメンバー次第で
D2400mも再検討

しかし
同じ考えの馬が
意外にも多かったのだろう
蓋を開けてみればD2400mと
D1800mは同頭数

もちろん
松岡Jが騎乗できる
D1800mに出走が決まった


調整は
いたって順調

夏の函館で
温泉治療の効果から
歩様のカタさが解消

美浦に戻って
温泉というツールが無くなり
状態の変化を心配していたが
プールやウォータートレッドミルで
何とか代用できないか模索


当初
期待していた以上に
効果があったようで
スムーズな歩様を
維持することができている


あとは
最近向上傾向にある
レース当日の落ち着きがカギ


レースは
松岡Jに一任です










































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

長又 博之
2019年10月01日 21:07
ウルラーレは、とても残念でした。それが競馬なのかな?と思っています。
自分で名付けた馬、田辺騎手のサイン入りゼッケンも大切に保管しています。
6/15は仕事のため記念撮影に申し込めませんでした。
それが、心の残りです。
先生の馬で自分が名付け親になり、G1を勝てる日を夢見ています。
         
ふくたけ
2019年10月03日 08:37
小島先生、スタッフのみなさま、ウィクトーリアを大切に育てていただいて、ありがとうございました。

フローラステークス、オークス、中山での2勝目、鮮烈なデビュー戦、1歳時に牧場で会えたこと。昨年のパーティーで先生とウィクトーリアのお話ができたこと。
みなさまと彼女のおかげで、素晴らしい場面に何度も立ち会えました。

確かに、札幌に家族で遠征(家族サービスの名目でした(笑))したりして、くやしい思いもしました。でも、すべてが今は良い思い出で、やはり私は競馬が大好きです。

それは、もちろんウィクトーリアが躍動してくれたからでもありますが、何より小島先生の想いやスタッフのみなさまの大変な努力を感じるからでした。

ウィクトーリアを無事に牧場に戻していただいてありがとうございました。

今後も小島厩舎を応援します!
そして近いうちにまた、愛馬でお世話になりたいと思います。そこにウィクトーリアの子がいたなら最高です。

うーん、やはり私は競馬が大好きです。
カゼノコウテイ
2019年10月03日 19:37
ウィクトーリア引退残念ですが後世に受け継がれる期間が長くなったと前向きに捉えます。
出資者も残念ですが、もっと近くで見ている小島調教師や厩舎関係者の皆様はもっと無念でしょう。
阪神に遠征したレースが最後のレースとなり、私が観戦したレースが全て負けてしまう結果となり、誠に申し訳ございません(苦笑)
また小島厩舎の馬に出資できればと思ってます。
ありがとうございました!
調教師
2019年10月04日 17:16
長又博之さん、ふくたけさん、カゼノコウテイさん、コメント有難うございました。

長又博之さん、ウルラーレという素敵な馬名を付けていただき有難うございました。重賞挑戦を目前に、不慮のアクシデント本当に申し訳ありません。確かにこれが競馬ということは否めませんが、こういうアクシデントが発生しないようにするのが我々の仕事。今回の件、言葉にし辛いところがありますが、少しブログに書くべきことかと思っています。アップした際には見てください。

ふくたけさん、残念な引退のニュースなのに、温かいお言葉有難うございました。ウィクトーリア、とても良い馬でした。肢元さえ良かったら、あといくつ勝ってくれたんでしょうね。きっと良い子供を産んでくれると思います。

カゼノコウテイさん、観戦と勝敗の関係は偶然です。そういう流れの時があるというのは、厩舎関係者でもよく聞かれる話。これからも楽しみなレースの時は是非観戦してください。『自分が行くと勝ってくれるんだ』という流れがいつか来ます。きっと出資馬も頑張ってくれると思いますよ。