◎10.5の競馬




































これからという時期の
残念な引退


じっくり時間を掛け
これからを楽しみにしていた馬達に
起こってしまったアクシデント


気持ちを切り替えて
週末を迎えなければいけませんが
いずれの馬についても近いうちに
ちゃんとコメントをするつもりです












☆中山9R メイスンハナフブキ 芝1400m △木幡育也

およそ
11ヵ月振りの出走


デビュー前
オーバーワーク気味と
なったことをきっかけに
イレコミが酷くなってしまい
初勝利時のレース前も
大イレコミの大発汗


間隔を空けながら
落ち着きを取り戻せるよう

徐々に
レースでの
落ち着きに繋げられるよう
イメージしていたが
前走後の調整中に
骨瘤が痛くなるアクシデント


でも
前日に痛くなるほどの
強い調教は課しておらず

『???』


もしかして…?


と思ったのが寝起き


稀に
起き上がる時に
自分で自分の肢を
ぶつけてしまう馬がいる


ハナフブキの骨瘤は
入厩前からあったもの

しかしこれまで
強い調教を課しても
目立った痛みを発症したことはなし

もしかしてこの骨瘤
たまたま馬房内の寝起きの際
ぶつけたことが原因で
発症したものだったのか

育成時に
調教で発症した骨瘤が
寝起きの際に反対肢がぶつかって
大きくなっていったのか


いずれにしても
当時はかなりの痛み

骨瘤が
固まるまで
調教は無理な状況

やむなく放牧となった


休養したこともあり
放牧先では順調に痛みが解消

入厩に向けて
調教が進められていた矢先に
また骨瘤が痛くなってしまったという知らせ


骨瘤痛を発症して以降
馬房内ではバンテージで
保護するよう注意していたのに
バンテージを外していたタイミングで
またぶつけてしまったようだ

もう二度と
ぶつけることが無いよう
今まで以上にバンテージ装着を意識


9月初旬に
帰厩して以降は
順調に調整をすることができた


ただ
相変わらずのイレコミ具合


調教時から
頭頸を丸めて巻き込んで
ハミを強く銜えたうえに
発汗という姿


この状態が続くと
もう元に戻れなくなりそうなので
色々と策を練り


まずは
頭頸を起こして
背中に圧を掛けることで
気持ちの安定に成功


ガツガツと
先走っていた気持ちを
フワフワさせながら
乗れる部分が見えてきた

だたこれには
思い切った扶助とコツが必要

今回
騎乗してくれる木幡育Jには
1週前の追い切りに騎乗し
雰囲気を掴んでもらった


背中の感触から
1勝馬クラスでは
十分通用する手応え


長期休養明けということもあり
いきなりは難しいかもしれないが
これからの工夫次第で勝利は狙えるはず


まずは
手応え確かな復帰戦を







☆中山12R デピュティプライム D1400m Mデムーロ

徐々に状態が
良くなってきていたこともあるが
それにしても前走は素晴らしいレース

いつもなら
ひっそり後ろから…なはずが
中団の̘̟̘前寄りを追走

あとで聞くと

『少し出して行った』

とは言っていた
鞍上

でも
それほど強く
しごいたわけでもなく
難なくあの位置に付け
とてもきれいな競馬


当然のように
次走が楽しみになった


もちろん引き続いて
乗ってもらいたかった鞍上だが
次走予定の東京に来る予定は先

先約の関係もあり
騎乗できるかも不確定だったため
初勝利時以来となるMデムーロJで
今週の出走が決まった


前走時は
暑さに弱いデピュティのことを考えて
ちょっとソフトな仕上げ

勝利を意識して
つい力んでしまいたくなる今回も
残暑続く異常気象のお陰もあって
ソフト仕上げを意識してきた


状態は
良い感じに安定


直線の長い東京競馬場

後ろから
じっくりと行くことが多いタイプの鞍上が
好位を取りに行った前走を踏まえ
どんな騎乗をしてくれるのか

ここ数戦
騎乗してくれた鞍上たちが
みんな口を揃えて


『チャンスあり』


と話してくれた通り


久々の
勝利を期待します











☆新潟11R スズカヴァンガード 魚沼特別 芝2000m 西田雄一郎

前走は
久々の競馬

平地競走に至っては
およそ1年半振り

当然のように
後ろからの競馬になったが
タイミング良く動くことができず
復帰戦は終了


無理をしてこなかったせいか
8歳馬のわりには若い馬体

疲労からの回復も早く
新潟競馬参戦を決めた


ヨーイドンの競馬は
苦手なタイプ


新潟のように
キレ味が生かしやすい競馬場は
本来向かないはずなのだが
実は3戦2勝


内回り
外回りの違いこそあれ
相性は良し

年齢を重ねて
以前のように長距離向き
という感じではなくなっているので
今回は芝2000m


鞍上も
ヴァンガードで2勝してくれている
西田Jに依頼した


6年前の
新潟競馬でデビュー


その時の鞍上も
西田J


ゲートから
出る気が全くなく
何度も発走試験に落ちていたヴァンガードを
発走試験合格に導いてくれたのが西田J

新馬戦も
遅れたスタートだったが
その後の去勢したことで一変


6年で34戦し
3勝を挙げてくれた


一度は
障害競走にチャレンジしてみたが
咽喉の手術を経て再度平場へ

西田Jとのコンビで
もうひと花咲かせましょう





























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント