◎4.5の競馬




































☆中山7R ラヴィンジャー 芝2000m 野中悠太郎

昨夏
6月の函館で初勝利

頭数と
メンバーを見て
急遽連闘した
次のレースでも2着

小柄な馬体を
成長させる目的と
頑張ったご褒美も込みで
しばらく休養させた

11月の
福島で復帰した前走は
馬体重を減らした上に大敗

位置取りは
決して悪くなく

それなのに
ひどく失速


肺出血や
心房細動もなく

平坦の
福島の馬場が
合わないはずもない


北海道以外の
長距離競馬はダメ…?


といった結論しか引き出せず
再度休養となった


今までは
放牧先でじっくり
体重を増やしてもらっても
輸送して美浦に到着した時点で
大幅に馬体重減



そこから
様子を見つつ
調教を課していくのだが

牝馬にしては
飼い葉食いが旺盛なのに
馬体重は増えず減る一方


大人しい時もあれば
突発的に神経質な面が表面化する
両面を併せ持ったタイプ

まだ
ストレスに
対応できていないのか

もう少し
馬体重が安定するまで
無理はしたくないな…と

状態次第で
初勝利を挙げた北海道開催まで
待機することもあり


その前に良くなれば
早めて入厩させるということで

馬体重増加と
安定を一番の課題とし
放牧先での調整をお願いした


『だいぶ増えてきた』


という
知らせがあっても
まだ我慢


入厩OKのコメントを
何度か重ねる中

3月初旬まで待って
美浦TCに帰厩した


今まで同様
美浦TCへの移動だけで
かなり馬体重が減ったが
今回は少し違うようで


調教を
進めれば進めるだけ
減っていっていた馬体重が
今回はある一定の数字から減ることなく
調教を強くしても安定



見た目は
相変わらずスッキリ系だが
普段の落ち着きは増し

また少し
成長した感じ



今回は距離を短くして
芝2000m


久し振りの
騎乗となる野中Jには
最終追い切りに騎乗してもらい

感触を思い出すことと
成長した部分を確認してもらった


カリカリして
頭を振り

煩い素振りは
まだ残っているけれど

キャンターや
ギャロップに行けば
しなやかでスムーズなフットワーク

平坦向きで
坂の有る中山がどうか

という意見は
野中Jと一致するところ

でもそれ以上に
追い切りの感触が良かったようで
休み明けとはいえ楽しみ


北海道前に
ひと叩き…?


ではなく

北海道前に
2勝目を










































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント