◎12.5の競馬


























久し振りに
大量出走


ブログの更新が大変です



誤字
脱字など

不備がないことを
願いつつ更新


どの馬も
力を出し切れますように…












☆中山6R ルージュジェイム 新馬 (牝)D1200m Cルメール


いつも
ワクワク
楽しみな新馬戦



初めて
ルージュジェイムを
見させていただいたのは

まだ1歳の
幼さ残る時期




イメージより小さくて

『あまり
  大きくならないのかな…?』

『飼葉をちゃんと
   食べられるかな…?』



というのが第一印象




幼いころの
小さな骨折痕が
右後肢にあったけど

痛がることもなく
特に心配は無さそうだった




その後
何度か見に行く機会があったが

年が明けて以降は
コロナ禍もあり

当分
北海道へは
行くこともできす





しばらく
見ることはなかったが


気にしないでも良さそう
と感じていた骨折痕は

今後のことを考えて
きれいにする手術を行い

そのぶん進行は
遅れていると聞いていた




夏の
北海道開催中に
やっと育成場に見に行けた時

かなり大きく
成長している立ち姿に驚いた






以前は
背が低く見えたジェイムが

私より
少し高い位置に立つと

見上げるほどの
背の高さになっていて

以前の
面影はなし





『もしかして
   間違っていない?』


というほどで
ちょっと嬉しく感じた瞬間






10月中旬には
美浦近郊の牧場へ移動




10月末に
美浦トレセンに入厩したが


環境が
変わった影響もあって

当初は
まだバランスが整わない走り



ハミ掛かりも強く



騎乗者は
行きたがる気持ちに
ひと苦労





日毎に
落ち着きは出てきて
ハミ受けも少し柔らかくなったが


発馬機内などで
他馬がソワソワしたり

不意に
音がすると


ガタガタ
落ち着かなくなる






しかし
それ以上
バタバタもせず

スタートダッシュは
結構良かったことから



2日練習しただけで
発走試験へ



試験の際

併走馬が
なかなか入らず待たされると


予想通り
ガタガタと
落ち着かなくなり


それでも
最後まで我慢してくれて

有難いことに
一発合格してくれた





右前肢にあるのが
過去の骨瘤痕

発走練習後に
疼き始め

ちょっと
いやらしいな~と

注意しながら
坂路メインの調教





早めに
目標レースを
決めておきたくて
ボチボチ鞍上探し





芝かダートか…

どちらにしても
距離は短め




血統的には
芝かな…?という感じだが

ダートも
こなせなくはなさそうだし

骨瘤のいたずらを考えると
中山2週目のD1200m







上位騎手では
なかなか空きが見つからず


どうせ一番に
決っているはずだと

勝手に
思いこんで
聞いていなかった

Cルメール騎手に
念のため確認したところ




なんと

『空いていますよ』

という返事


こうなると
ここを目標に進めるのが一番


問題は
ちゃんと出走できる状態に
持っていけるかどうか



坂路中心の調教メニューは
滞りなく進められたが


できれば
一度だけでも

平地で
それなりのスピード調教を

消化できることが
Better






幸いにも
坂路調教を行いながら
骨瘤は改善の兆しがあり


1週前に
ウッドチップコースで

平地での
スピード調教へと
踏み込むことができた






嬉しいことに
週末の平地調教後も
骨瘤の状態は安定


もう一度
ウッドチップで…と

最終追い切りも
平地で行うことを決めた





最終追い切り後は
骨瘤痛が増し

反対肢に
疲れも出たが



出走前には

こういう
疲れが出るくらいの
負荷も必要





もちろん
骨瘤痛は数日で改善し
反対肢の疲労も解消




出走前日には

ガタガタと
落ち着かないながら

発走練習も
消化した





正直
最終追い切りの動きでは
まだ重め

もう一本くらい
やれたらな~

という
感触ではあるが
ちゃんと走れる雰囲気


要所要所で
乗り替わりながら
調教を進めてきたが

普段乗っている
担当者とは

『調教が進めば進むほど
    なんか芝向きっぽい感じだよな~』


という
日常会話も


出走前日の
発走練習に跨った担当者から


『ダートでも
   やれるのでは…』


という
コメントを聞いて

いよいよ新馬戦



最内枠で
砂を被るのか

スタート良く
行けるのか





まだまだ
幼い顔をしていて

これからの
成長を待ちたい
ルージュジェイムですが




注目点が多く
楽しみな初戦です














☆中山9R ディープリッチ 葉牡丹賞 芝2000m 武藤 雅


10月の
新馬戦では
人気薄で大穴勝利




前走は
昇級初戦のオープン戦で


良馬場では
どうなのかな…

という注目の一戦

相変わらず
ダッシュは悪いが
終いはジリジリ伸びて
結果は6着

上りもマズマズで
悪くはないレースだった



いわゆる
2歳馬らしい
緩さが課題だが


よく聞かれる
後躯が緩いという表現ではなく


ディープリッチは

前躯も
後躯も緩く

まだ軸や
バランスが不安定


それでも
新馬勝ちしたこと自体

不良馬場だったとはいえ
大したもの

さあ
これから
どう育てていくべきか






前走後
再度東京競馬出走
という案も無くはなかったが

タイプ的に
中山芝2000mは合いそうで

東京はパスして
中山目標





例年
頭数が少ないはずの
このレース

イメージしていたより
多めの登録があり

目論見は
外れた感もあるが

体調は
良くも悪くも
変わらず順調





前走は
発馬機内でソワソワしていたので
ちょっと注意は必要だが

2戦しても
変わらず穏やかな気性で

馬体が緩い以外
ほとんど手が掛からない


中山競馬の
適性が確認できるようなら
今後のプランも練り易くなる














☆阪神3R クインズセージ 芝1400m 岡田祥嗣

調教は動くのに
何故か本番の走りは一息

どちらかというと
母系は短めの距離適性が多く




ただ
走法や体型から

この仔は
少し長めではという意見が
大勢だったので

初戦は
D1800mを選んだが大敗



それではと
D1150mを選んだ前走も

ちょっとだけ
見どころはあったが
後半はバタバタ






適性から
一番離れていると感じていた

芝の短距離戦で
汚名返上を目指す



本当は
中山芝1200m予定も

あまりに頭数が多く
しばらくは出られなそう




ギリギリ入りそうだった
中京も

その後
頭数が増えて余裕で除外




自ブロック制で
出走不可になることが多い
阪神芝1400mに空きがあったので

あえて
阪神遠征を決めた


今回は
芝短距離に
適性を見出すことが

最重要で
一番の目的




鞍上の
岡田Jは

以前
なかなか結果が出せなかった
ウチの厩舎の馬を勝たせてくれたこともあり

ここぞという時に
頼りになる鞍上だ




まだ
走りは不器用でも

相変わらず
追い切りでは
手応え十分の良い動き


芝で
確変することを期待しています












☆阪神11R ロードクエスト チャレンジC 芝2000m 幸 英明

期待した
前走は

遅仕掛けに
ならないよう注意していたはずが

結果的に
仕掛けが遅れ

上り3Fは
最速なのに

着順は残念な
クエストらしさ




もちろん
ジョッキーは
仕掛けが遅れ過ぎないよう
十分に心得ていたはずで

では
なんで…?


という結論は
最終週特有のボコボコ馬場




見どころ十分の
前々走は小倉の開幕週




馬場が良くて
走りやすかったのか

向こう正面で
自ら動いて行ったらしく

鞍上も
そのイメージが強かった



ところが前走は
自ら動く感じ気が出てこず
促して促してやっと行きだしたが

時すでに遅し




二つの
レースの違いが

馬場が
整地か不整地か


以前も
ボコボコ馬場で走らせた時

調教では
柔らかみを感じていたはずが
返し馬からコトコト


そんな馬場は
好みではないのかもしれない




7歳にもなって
いまさらの発見だが

今回は
どちらかというと
ボコボコしていそうな荒れ馬場で

阪神競馬場は
Aコース使用最終週






前走後も
ダメージが少なく

外差しが利く
馬場になるはずだと
チャレンジC出走を決めたのに


先週までの
レースを見る限り

雨でも降らなければ
まだ前が有利となりそう






初騎乗となる
幸Jには

これまでの経緯を
伝えて


前へ行くか
後ろからか


内を突くか
外を捲るかは

現時点では
お任せのつもり






脚を余す
競馬にはならないよう

どちらかといえば
思い切りのいい競馬をという
リクエストだけは強調した





ここ数戦は
7歳とは思えない
柔らかさで出走できていたが

中2週の今回は
さすがに少しカタめ


それでも
かなりカタさがあった
以前よりは柔らかみがあり


状態的には
悪くない




坂路で行った
最終追い切りで

手応え
十分だったのに

最後まで
真剣に走らなかったのが

ちょっと
気掛かりではあるが



獣医さんの
最終チェックでも
合格点をいただいた



実績十分の
強そうな馬はいるが

頭数は
手頃なのは有利なはず



いつもの
素晴らしい脚を見せてください











☆中京2R デリスブラン D1400m ♢藤田菜七子

2戦続けて
入着

初戦は
芝とダートの切れ目で
大ジャンプ


どうなることか
と思ったところから
入着してくれてひと安心



ソエの
痛さが気になりながら
芝の適性も試したく

前走は芝1200mで
再度入着


ちゃんと
整えてあげれば
勝利は間近ということが確認できた




ソエも痛いうえに
肢元もまだ弱いところがあり

芝でも走れるが
次走はダート




レースっぷりから
距離も少し延ばしたほうが良さそうで

東京D1400mを
目標にしてみたが

ソエが悪化して
東京は回避




年内に
もう一走できないかと
中京競馬を目標に帰厩してきた

ソエは
まだ気になるが歩様は大丈夫




相変わらず
カリカリする気性ではあるものの

前走に
騎乗してくれた鞍上からは
許容範囲というコメント





坂路中心の
調整になったが
調教は比較的順調に進められた




中京
D1400mなので

初戦同様
芝とダートの切れ目に要注意と

初騎乗となる
藤田Jには伝達済み




恐らく
次走は3歳になってから


願わくば
2歳のうちに勝利を













☆中京3R スズカノロッソ D1900m 西村淳也

初めてのダート戦

本来は
このクラスでは力上位

しかし
2年前に
肢元の不安で休養し


今年の
2月に復帰したものの
再度不安が出て再調整



普通なら
歩様が気になったり

触診痛で
確認できるものなのだが

ロッソは痛みに強いのか
一度目の不安の際は

厩舎のチェックでも
獣医さんのチェックでも気にならず

ある日
少し熱と張りがあったことで発覚



程度は
重いものだったが

痛みに
強いのならと

時間を掛けて休養


前走で
復帰したのに


前走後の再検査で
症状が進行していることが判明

再度
間隔を空けて
調整を続けてきた


9月後半に帰厩し
もちろん坂路中心の調整



前肢に
疾患が出る遠因の一つが
後躯の甘さ

後躯が
上手く使えず
前肢に過度の負担が
掛かるのが理由となるため

担当者には
冷脚やレーザー
マッサージなどの日常のケア


騎乗者には
前躯中心の走法にならないよう
後躯の比重を意識した騎乗を求め

前肢を
叩きつける走りにならないよう
気を付けてきた




中間に
一度だけ検査を行い
肢元には変化なし



そろそろ
出走をと考えていたが

なかなか
平地調教には踏み込めず

今週も
坂路で併走追い切り




今週
動きが良くて

想定メンバーが
与し易ければ

今週の出走も検討






動きがイマイチでも
何とか来週には…

という
プランで

今週の追い切りは
タイムも踏ん張りも悪くなく


想定メンバーも
これならという感じ



本当は
実績ある
芝のレースに行きたいが

まずは
ひと叩きの意味も込みで

肢元に優しい
ダート戦へ


父の産駒は
ダートで走れる産駒もいて

ロッソの兄弟や
母系には

ダートの勝ち馬もいる



平地調教が
やや足りない休み明けだが

復帰戦は
ダート適性に賭けてみて


もし
見どころがない場合は
一度使って芝のレースで勝負


初コンビとなる
西村Jには

高揚しやすい
ロッソを

上手く
宥めてもらったうえで

好結果を
期待しています
































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

gaarden
2020年12月05日 18:23
この度はジェイムのデビューありがとうございました。出資者の者です。
先生には本当にジェイムと真摯に向き合って頂き感謝しか無いです。
今日は残念でしたが芝でこその馬だと思っております!
新馬戦にリーディングジョッキーを確保出来たのもこの子の持っている運を感じました。
入厩して間もない若駒をこの短時間でレースまで導いてくれてありがとうございますm(_ _)m

今日は公開調教と言う事で次は頑張って欲しいです(笑)

これからもジェイムをどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
調教師
2020年12月05日 22:11
gaardenさん
お気遣い有難うございます。
あまりの凡走に、皆さんをガッカリさせてしまったのではと、ちょっと凹んでいます。
先ほど阪神競馬場からの帰宅途中で厩舎に寄りましたが、飼い葉はだいたい食べてくれていました。骨瘤の状態次第ですが、次は芝で頑張ってくれることを期待しているので引き続きの応援宜しくお願い致します。
ザキジ
2020年12月06日 08:21
おはようございます。

昨日のロードクエスト… 残念でした。
色々難しいところのある馬なのは承知しています。こちらとしてはアレコレ言わず見守るだけです。今後も宜しくお願いします。
のべっち
2020年12月06日 23:31
ジェイムが無事にデビューを迎えられて、ホッとしています。
中山で応援することができました!
先生はじめスタッフの方々、関係するすべての方に感謝です。
ルメール騎手も返し馬で、スタート後のコースをキャンターしたり、
ジェイムにいろいろと教えてくれていましたし、
終始、大事に乗ってくれた印象を受けました。
結果は残念ですが、まだまだこれから、伸びしろもあるので、
今後ともジェイムをよろしくお願いします。
脚元がすっきりして、パンとなるまでは、
もどかしく、じれったい部分がありますが、
焦らずに次走を楽しみに待ちます!
寒くなってきましたので、先生もご自愛ください。


調教師
2020年12月18日 18:37
ザキジさん
ロードクエスト、ガッカリさせてしまい申し訳ありません。
調教では手が掛からないのですが、本番では色々と難しいようです。

たくさんの騎手に乗ってもらってきましたが、噛み合った時と、そうでない時の差が激しいのが、もどかしいところです。

一歩間違えると抑えきれないパワーと、強いモチベーション、それに加え、最近は年齢に反比例して柔らかさが増し、年が明けて8歳馬になっても衰えることは無さそうです。

前走後は、いつも以上に長く、まるまる1週間楽をさせた効果か、調教再開後はフレッシュで、いつも以上の柔らかみと弾力感に今度こそはと願っています。
調教師
2020年12月18日 18:41
のべっちさん
いつも有難うございます。

レッドジェイム、もう少し走れるかと思っていたので、皆さんには残念な思いをさせてしまいました。
幸いレース後は、肢元も飼い葉食いも安定していて大丈夫そうなので、次走以降に期待してください。

とりあえず無事にデビューできたので、今後は適鞍をよく検討して、着実に前進させていきたいと思います。